3Dプリンタ

GoPro ヘルメットマウント2

投稿日:2015年8月13日 更新日:

GoProヘルメットマウント

前回作った自転車用ヘルメットにカメラを取り付けるマウントのGoPro版を作ってみました。

3Dプリンターの特徴として、一度データを作ってしまえば、そのデータは如何様にも流用可能と言う点がありまして、ようするに前回作ったヘルメットマウントに、その前に作ったGoProマウントのGoPro取り付け部分を切り貼りしただけと言う、ついでに作った感丸出しのマウントであります。

GoProヘルメットマウント

 

GoProヘルメットマウント

出力直後の写真。
プラシルの黒ABS、積層0.2mmで出しました。
この後、サポートを取るのが一苦労・・・

 

GoProヘルメットマウント

長さの違うものを3種類作ってみました。

 

 GoProヘルメットマウント

一応説明しておきますが、このパーツは前回と同様に、Cateyeのヘルメット用ブラケットのライト取り付け部分を取り替えて使います。

キャットアイ(CATEYE) 534-1831N ヘルメット用ブラケット(ヘッドライト用) 526-29302 ブラック

 

取り付け

GoProヘルメットマウント

普通にちょんまげマウント

 

GoProヘルメットマウント

額部分にマウント
昔、おゆまるで作ったGoProマウントとほぼ同じ位置に取り付けできます。

 

GoProヘルメットマウント

さらに、今回作ったマウントなら、日よけのバイザーを付けた状態でもおでこマウントが出来ます。
あまり自転車ヘルメットでバイザー付けてる人を見かけませんが、私はバイザー付ける派なのでこれ重要。

 

3Dデータ

以上、このようなGoPro ヘルメットマウントですが、今回も3DプリンターのデータをThingiverseにアップしておりますので、興味のある方はどうぞどうぞ

https://www.thingiverse.com/thing:964170

 

 

-3Dプリンタ
-

執筆者:

関連記事

垂れたフィラメントどうしてる?

フィラメントの初期垂れを拭うスクリプト

Ender-3に限った話ではありませんが、プリントを始める時のノズルの加熱中にフィラメントが垂れて来ます。 これは柔らかくなったフィラメントが自然に落ちてきているので、どうにもしようがない。 プリント …

便利アイテム

3Dプリントする時の便利なアイテム

Ender-3は、本体と一緒に最小限の工具が付属していますが、それに加えて有った方が便利なアイテムを書いてみました。 他にももう少しありますが、とりあえず以下の3つが特にお勧めで、使い始めるとこれらが …

Ender-3 メニューをカスタマイズ

Ender-3 カスタムコマンドを登録

Ender-3のファームウェアであるMarlinには良く使うスクリプト(G-Code)を、カスタムコマンドとしてLCDメニューに登録しておく機能があります。 カスタムコマンドを登録しておけば、後からL …

Ender-3 ケーブルピラー

Ender-3 cable pillar

Ender-3のホットエンドのケーブルを固定する支柱となる部品を作ってみました。   もともとEnder-3のケーブルは、フィラメントが通っているチューブに結束バンドによって固定されていまし …

BS01 チューブと継手

BS01+ チューブの外し方

久しぶりに、BS01のノズル内を清掃でもしてみようかと思い立ったのですが、久しぶりすぎてチューブを継手から外す方法が分からない・・・ので、メモ。   チューブと言うのは本体裏のフィーダーから …