3Dプリンタ

ガーミン、ゴープロ、カメラのハンドルバーマウント作成

投稿日:2015年8月25日 更新日:

Garminハンドルバーマウント

今度はCATEYEのハンドルバーマウントのパーツを作ってみました。
作りたかったのはGarmin eTrex用のハンドルバーマウントだったのですが、これまたついでにゴープロとカメラの三脚ネジ用のアダプターも作りました。

GoProハンドルバーマウント

カメラのハンドルバーマウント

 

CATEYE Nフレックスタイト

CATEYE Nフレックスタイト

CATEYEのライトを買うとだいたいついてくるハンドルバーマウント。
フレックスタイトと言う名前らしいです。
型番はH-34N(533-8827N)
対応パイプ径は22~32mm

キャットアイ(CAT EYE) #533-8827 Nフレックスタイト [ライト用ブラケット] MODEL H-34 – Amazon

CATEYE Nフレックスタイト

今回はこれのライトマウント部分を取り外して、3Dプリンターで出力したパーツを取り付けます。

 

Garmin用

Garmin用パーツ

Garmin用のパーツはM4のナットを保持するだけのパーツとして、本体のマウントはGarmin純正のハンドルバーマウントを使います。

Garmin ハンドルバーマウントブラケット map62/Colorado/Oregon用 1102300 – Amazon

Garminハンドルバーマウント

まず、3DプリントしたパーツにM4ナットをはめ込み、CATEYEのフレックスタイトに取り付け、その後Garmin純正ハンドルバーマウントをM4ナベネジで取り付けて出来上がり。
(Garmin純正のハンドルバーマウントに付いているゴムは、上からドライバー等で突くと外れます。)

Garminハンドルバーマウント

Garminのハンドルバーマウントは、以前にミノウラのマウントを使って作った物を今まで使っていたのですが、それよりも僅かですが軽くなり、背も低くなってなかなか良い感じに仕上がりました。

 

GoPro用

GoPro用パーツ

GoPro用のパーツはこの様な形

GoProハンドルバーマウント

プリントしてネジでとめて出来上がり

GoProハンドルバーマウント

 

カメラの三脚ネジ用

カメラ用パーツ

カメラのハンドルバーマウント

カメラのハンドルバーマウント

若干、やっつけ仕事ぎみ・・・
ABS樹脂でいつもプリントしていますが、台座となる部分が滑って回転しやすいので、間にゴムシートでも挟んだ方が良いと思います。

 

3Dデータ

以上、今回も3DプリンターのデータをThingiverseにアップしておりますので、興味があればどうぞ

https://www.thingiverse.com/thing:977725

 

 

-3Dプリンタ
-,

執筆者:

関連記事

BS01+

BS01+にMarlin1.1.9

今更ながら、BS01+のファームウェアをMarlin1.1.9にしてみました。 BS01を動かすのは、Ender-3を買ってから動かした記憶が無いので、かれこれ1年以上ぶりとなります。   …

Ender-3 M8 Bolt Spool Holder

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホルダーに入らなくて困ったので、スプールホルダーをM8サイズのボルトに変更しました。   Ender-3のもともとのスプールホ …

Ender-3

格安3Dプリンター Creality Ender-3

最近、2台目となる3Dプリンターを買いました。 買ったのは、サインスマートが販売しているCreality Ender-3。 以前から気になっていて、買おうかどうしようか迷っていたのですが、ついつい手が …

Ender-3 Fan filter

PETGフィラメントとファンフィルター

最近、PETGフィラメントを使い始めました。 PETGは、ABSと比べて反りが少なくプリントが簡単で、PLAと比べると温度が高めなのと加工性が良くて切ったり削ったりできるので、とても便利です。 特に今 …

BS01+ と BTモジュール

3DプリンタをBluetooth接続化してみた

RepRapのwikiページを見ていると、RAMPSのボードにBluetoothモジュールを接続する方法が載っていたので、私の使っている3DプリンターBS01+でもできるかなと試してみました。 RAM …