3Dプリンタ

バカ殿マウント?

投稿日:2015年8月9日 更新日:

ちょんまげマウント

今回もまた3Dプリンターでの製作です。
自転車用ヘルメットにカメラをマウントするパーツを作りました。

今回もまた、市販のマウントの一部を取り替えて使うかたちです。

実際に自転車のヘルメットにRicoh THETAを取り付けると、ちょんまげマウントを通り越して、それはもうバカ殿マウントです。

ちょんまげマウント

作ったパーツはこんな形です。

 

CATEYE ヘルメット用ブラケット 5341831N

CATEYE Helmet Mount

CATEYE Helmet Mount

キャットアイ(CATEYE) 534-1831N ヘルメット用ブラケット(ヘッドライト用) 526-29302 ブラック

このブラケットは、本来CATEYEのヘッドライトをヘルメットに固定するための物ですが、ライト取り付け部分の部品を、カメラを取り付けられるパーツに作り変えました。

CATEYE Helmet Mount パーツ取り替え

 

カメラを取り付け

カメラの取り付けには、三脚ネジを利用するので、三脚用のネジ穴が付いているカメラならだいたいの物は取り付けられると思います。

取り付けに使うネジは、W1/4-12mmのネジを使いました。
ネジの頭は、何故かマイナス。
近くのビバホームで買いました。

では、実際に取り付けてみた感じ

ちょんまげマウント

最初に、昔使ってたデジカメを載せてみました。
これくらいなら今時では普通かも?

 

ちょんまげマウント

次にGoProを使って取り付けてみました。
トライポッドアダプターの分、高さが増してちょんまげ感も増してます。

 

ちょんまげマウント

そして、今度はRicoh THETA m15を取り付けてみる。
この高さは、正しく・・・!?

 

Thingiverse

Thingiverseスクリーンショット

と言うわけで・・・

今回のデータ、Thingiverseにアップしてみました。
欲しいと言う人がいるのかどうかは不明ですが、3Dプリンターさえあれば同じ物が作れます。

https://www.thingiverse.com/thing:960333

 

 

-3Dプリンタ
-

執筆者:

関連記事

ホットエンド不具合対策

Ender-3 ホットエンドの不具合対策

少し前から、Ender-3のフィラメントを交換しようとすると、フィラメントがなかなか抜けない現象に悩んでいました。 原因はフィラメントを引き抜く時に、フィラメントの先端が少し太くなってしまい、PTFE …

BS01+ と BTモジュール

3DプリンタをBluetooth接続化してみた

RepRapのwikiページを見ていると、RAMPSのボードにBluetoothモジュールを接続する方法が載っていたので、私の使っている3DプリンターBS01+でもできるかなと試してみました。 RAM …

Ender

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換えが避けられない。 ので、今回Marlinの最新版へとEnder-3のファームウェアの書き換えに挑戦しました。 ので、ここにその手順を書 …

ハサミゲージ

ハサミゲージ

ハサミに磁石で取り付けるゲージを3Dプリンターで作りました。 これを使うと、何か物を切る時に長さを確認しながら切ることができます。 (が、あまり正確には切れません。) プリントデータはthingive …

垂れたフィラメントどうしてる?

フィラメントの初期垂れを拭うスクリプト

Ender-3に限った話ではありませんが、プリントを始める時のノズルの加熱中にフィラメントが垂れて来ます。 これは柔らかくなったフィラメントが自然に落ちてきているので、どうにもしようがない。 プリント …