レーザー加工機

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように

投稿日:2016年8月20日 更新日:

FABOOL Laser Mini

FABOOLのレーザー加工のソフトには、加工の範囲を確認するための「境界確認」と言う機能があります。
これは加工の範囲の左上から右下の四角をヘッド(レーザーユニット)が移動して「この範囲を加工するよ」と教えてくれる機能なのですが、ヘッドにはカバーが付いていて位置が漠然としていまいち分かづらいです。

これが少しでも分かりやすくなるかなと、カバーに印を付けてみることにしました。

 

FABOOL Laser Mini
クロスヘアーを描く

適当に印を付けたのではあまり意味が無いので、実際にレーザーで十字を描き、ヘッドをその中心へ移動させる。

※追記:クロスラインを刻印するスクリプトを作りました。
[FLM3.5]クロスライン刻印スクリプト

 

ステッカーシート
あらかじめ、印用に100均一で買ったステッカーシートに3角を切り抜いておく。

 

FABOOL Laser Mini
印用の三角ステッカーを、クロスラインに合わせて貼り付けて出来上がり。

 

FABOOL Laser Mini

良く見ると微妙に位置がずれちゃってますね。
でも実は何度もやりなおした結果がこれですw
位置を合わせるの難しいです・・・

ま、あくまでも目安だと思ってるので、とりあえずこれでOKと・・・

 

実際使ってみると、この印があるだけで、だいぶと加工位置がイメージしやすくなりました。

 

-レーザー加工機
-

執筆者:

関連記事

クッキー

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように(その2)

前回、FABOOL Laser Miniの加工の位置決めをしやすいように、ヘッドのカバーにレーザーが通る位置の印を付けて、かなり位置決めしやすくなりました。 こんどはさらに目盛り付きの紙を貼り付けても …

FABOOL Laser Mini - READYFOR

クラウドファンディングで初支援してみた話

先日、「FABOOL Laser Mini」と言うレーザー加工機がクラウドファンディングを通じて販売されるとのことを知り、人生で初めてクラウドファンディングと言うものを利用してみました。 モノづくりが …

シルクスクリーンで印刷したTシャツ

レーザー加工機で簡易シルクスクリーン印刷

前回紹介したマスキングテープのカットを利用して、簡易的なシルクスクリーン印刷に挑戦してみました。 印刷するのは、定番のTシャツです。   もくじ スクリーン作りマスク(ステンシル)の作成イン …

タブレットスタンド

タブレットスタンドを作りました

レーザーカッター(FABOOL Laser Mini)を使ってタブレットスタンドを作ってみました。 作ったと言ってもThingiverseにアップされていたデータに少し手を加えただけなのですが・・・ …

no image

FABOOL Laser miniのドライバーのこと

以前までは、オンライン版しか無かったFLMを操作するアプリが、最近になってオフラインにも対応されました。 このアップデートによって、これまでネット環境のある場所でしか使えなかったFLMが、ネットの環境 …