レーザー加工機

[FABOOL Laser Mini]クロスライン刻印スクリプト

投稿日:2017年1月19日 更新日:

クロスヘアー刻印

FABOOL Laser Miniでクロスライン(クロスヘアー)を刻印するスクリプトを作ってみました。
このスクリプトでは、クロスラインを刻印した後、その中心へレーザーヘッドを移動して終了します。

 

使い方

  1. FABOOL Laser MiniをPCに接続して実行の準備をしておく
  2. 数値入力
    クロスラインの中心となる位置、クロスラインの縦横の大きさ、ヘッドの移動速度、刻印時のレーザー強度をそれぞれ入力します。
  3. [実行]ボタンを押す

実行すると、別ページが開きます。開いたページはすぐに閉じて構いません。

“__ok__” と表示されれば正常終了(クロスラインの描画が始まっているはず)
“serial disconnected” と表示されれば、FABOOL Laser Miniが接続されていない状態

404 NotFound等でページが正常に開かれなければFABOOL Laserのドライバーがインストールされていない可能性があります。

 

スクリプト

中心 X
mm
中心 Y
mm

サイズ X
mm
サイズ Y
mm

スピード
レーザー強度
%
 

※このスクリプトを実行してなんらかの不具合が発生しても当方は責任を持ちません。実行は各自の責任でお願い致します。


GCode


 

クロスヘアー刻印

このように、最後にレーザーヘッドはクロスラインの中心、縦と横の線の交わる場所で停止するので、ラインの位置をレーザーヘッドにマークすれば、位置決めをする目安になると思います。

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように
[FLM3.5] 位置決めしやすいように(その2)

 

-レーザー加工機
-

執筆者:

関連記事

no image

FABOOL Software パラメーターの順番

例えばこんな加工データでMDFを切りたい場合、 私は、ネジ穴やはめ込み穴を先に抜いた後に、それぞれの外枠を切り抜くようにしています。 細かい物を先にカットすることで、MDFの反りや歪みの影響を少なくす …

no image

FABOOL Software パラメーターの数値

前回の「FABOOL Software パラメーターの順番」で、私がどのように加工の順番を指定しているかを書いたので、今度はパラメーターの数値について。 私は、FABOOL Laser Miniでの加 …

自作プリント基板

レーザー加工機を使ってプリント基板を作りました

ある日、YouTubeを見てると、レーザー加工機を使ってプリント基板(PCB)を作る方法が紹介されていました。 面白そうなので試しに私もFABOOL Laser(FLM3.5)を使ってPCBを作ってみ …

高さ調節下駄

[FABOOL Laser Mini]高さ調節できる下駄を作ってみました

久しぶりのレーザー加工機のネタです。 FABOOL Laser Miniの本体の脚はそれぞれ1枚の金属のプレートでできていて、高さ調節機能はありません。 あくまでも私の場合なのですが、しっかり組み立て …

レーザーポインター

[FABOOL Laser Mini]レーザーポインタ(その2)

部屋を掃除していると、昔aitendoで買ったレーザーポインターが出てきました。   そう言えば、こんな物買ったなぁ・・・と思いながら、適当に触っていると、レーザーの先端部分が回転するのに気 …