レーザー加工機

[FABOOL Laser Mini]クロスライン刻印スクリプト

投稿日:2017年1月19日 更新日:

クロスヘアー刻印

FABOOL Laser Miniでクロスライン(クロスヘアー)を刻印するスクリプトを作ってみました。
このスクリプトでは、クロスラインを刻印した後、その中心へレーザーヘッドを移動して終了します。

 

使い方

  1. FABOOL Laser MiniをPCに接続して実行の準備をしておく
  2. 数値入力
    クロスラインの中心となる位置、クロスラインの縦横の大きさ、ヘッドの移動速度、刻印時のレーザー強度をそれぞれ入力します。
  3. [実行]ボタンを押す

実行すると、別ページが開きます。開いたページはすぐに閉じて構いません。

“__ok__” と表示されれば正常終了(クロスラインの描画が始まっているはず)
“serial disconnected” と表示されれば、FABOOL Laser Miniが接続されていない状態

404 NotFound等でページが正常に開かれなければFABOOL Laserのドライバーがインストールされていない可能性があります。

 

スクリプト

中心 X
mm
中心 Y
mm

サイズ X
mm
サイズ Y
mm

スピード
レーザー強度
%
 

※このスクリプトを実行してなんらかの不具合が発生しても当方は責任を持ちません。実行は各自の責任でお願い致します。


GCode


 

クロスヘアー刻印

このように、最後にレーザーヘッドはクロスラインの中心、縦と横の線の交わる場所で停止するので、ラインの位置をレーザーヘッドにマークすれば、位置決めをする目安になると思います。

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように
[FLM3.5] 位置決めしやすいように(その2)

 

-レーザー加工機
-

執筆者:

関連記事

FABOOL Laser Mini

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように

FABOOLのレーザー加工のソフトには、加工の範囲を確認するための「境界確認」と言う機能があります。 これは加工の範囲の左上から右下の四角をヘッド(レーザーユニット)が移動して「この範囲を加工するよ」 …

クッキー

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように(その2)

前回、FABOOL Laser Miniの加工の位置決めをしやすいように、ヘッドのカバーにレーザーが通る位置の印を付けて、かなり位置決めしやすくなりました。 こんどはさらに目盛り付きの紙を貼り付けても …

FABOOL Laser Mini

FABOOL Laser Miniが認識されない問題の原因と解決方法

(問題解決までのプロセスをごちゃごちゃ書いてるので、手っ取り早く原因と解決方法だけ知りたいかたはページの最後まで読み飛ばして下さい) さて、ようやく完成したFABOOL Laser Miniを試運転・ …

シンワ測定 ダイヤルゲージ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測定してみました。   測定に使ったのは、こちらのダイヤルゲージ。 0.01mmの変化が計測できる。 シンワ測定 ダイヤル …

シルクスクリーンで印刷したTシャツ

レーザー加工機で簡易シルクスクリーン印刷

前回紹介したマスキングテープのカットを利用して、簡易的なシルクスクリーン印刷に挑戦してみました。 印刷するのは、定番のTシャツです。   スクリーン作り シルクスクリーン印刷なので、何はとも …