レーザー加工機

[FABOOL Laser Mini]境界確認スクリプト

投稿日:2017年2月18日 更新日:

すこし前に公開したクロスライン刻印スクリプトに続いて、今度は境界確認スクリプトを作ってみました。

 

境界確認ボタン

境界確認でレーザーのヘッドを移動させてその位置を確認する機能は、位置合わせに必須なのですが、公式のFABOOL Softwareでの境界確認は、移動速度が速くて四角の確認がいまいちやりにくいです。

そこで、このスクリプトでは、もう少し低速で移動させたり、左上・右上・左下・右下それぞれの角でヘッドを停止させたりが出来るように作りました。

 

使い方

  1. FABOOL Softwareで加工用のファイルをインポートする。
  2. FABOOL Softwareの数値をスクリプトに入力する
    FABOOL Softwareの数値欄
    FABOOLSoftwareの移動のXYをこのスクリプトの始点XYへ、
    FABOOLSoftwareの拡大の幅と高さをサイズのXYへ入力します。
    尚、回転には対応していません。
  3. FABOOL Laser MiniをPCに接続して実行の準備する
  4. スクリプトのボタンを押して境界を確認

実行すると、別ページが開きます。開いたページはすぐに閉じて構いません。連続して操作する場合は、開いたページをそのまま放置しておいて、このページに戻ってくると便利。

“__ok__” と表示されれば正常終了(クロスラインの描画が始まっているはず)
“serial disconnected” と表示されれば、FABOOL Laser Miniが接続されていない状態

404 NotFound等でページが正常に開かれなければFABOOL Laserのドライバーがインストールされていない可能性があります。

スクリプト

始点 X
mm
始点 Y
mm

サイズ X
mm
サイズ Y
mm

スピード
 

※このスクリプトを実行してなんらかの不具合が発生しても当方は責任を持ちません。実行は各自の責任でお願い致します。

←リミットスイッチ利用
←リミットスイッチ不使用



GCode


 

-レーザー加工機
-

執筆者:

関連記事

シルクスクリーンで印刷したTシャツ

レーザー加工機で簡易シルクスクリーン印刷

前回紹介したマスキングテープのカットを利用して、簡易的なシルクスクリーン印刷に挑戦してみました。 印刷するのは、定番のTシャツです。   スクリーン作り シルクスクリーン印刷なので、何はとも …

高さ調節下駄

[FABOOL Laser Mini]高さ調節できる下駄を作ってみました

久しぶりのレーザー加工機のネタです。 FABOOL Laser Miniの本体の脚はそれぞれ1枚の金属のプレートでできていて、高さ調節機能はありません。 あくまでも私の場合なのですが、しっかり組み立て …

FABOOL Laser Mini - READYFOR

クラウドファンディングで初支援してみた話

先日、「FABOOL Laser Mini」と言うレーザー加工機がクラウドファンディングを通じて販売されるとのことを知り、人生で初めてクラウドファンディングと言うものを利用してみました。 モノづくりが …

no image

FABOOL Laser miniのドライバーのこと

以前までは、オンライン版しか無かったFLMを操作するアプリが、最近になってオフラインにも対応されました。 このアップデートによって、これまでネット環境のある場所でしか使えなかったFLMが、ネットの環境 …

シンワ測定 ダイヤルゲージ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測定してみました。   測定に使ったのは、こちらのダイヤルゲージ。 0.01mmの変化が計測できる。 シンワ測定 ダイヤル …