レーザー加工機

FABOOL Laser Miniの精度(分解能)

投稿日:2018年7月15日 更新日:

FABOOL Laser Miniの精度(分解能)ってどのくらいなのだろう?

前回、ベルトテンショナーを取り付けている時に疑問に思って公式サイトを見てみたのですが、どこにも書かれていない。
(私が見つけられなかっただけかもしれない。)

と言う訳で、計算してみた。

 

FABOOL Laser Miniのベルト

まず、FLMに使われてるタイミングベルトは、GT2で2mmピッチ。

 

FABOOL Laser Miniのタイミングプーリー

そして、ベルトを送るタイミングプーリーは30歯の物。

歯の数数えるの面倒だなぁ・・・と思っていたら、公式サイトの保守部品のページに30歯と書かれていました。(助かった。)

プーリーが30歯ということは、モーターが1回転するとヘッドが、60mm(2mm * 30歯)移動することになる。

 

FABOOL Laser Miniのモーター

そして、使われているモーターはJK42HS34-1334ACと言うステッピングモーターで、これはステップ角が1.8°で1回転は200ステップ。

 

FABOOL Laser Miniの回路図(一部)

そして、モーターをコントロールするドライバーは、公開されている回路図を見るとA4982と言う物が使われているらしい。

さらに、回路図をチェックすると、マイクロステップを設定する端子MS1,MS2はどちらも3.3Vに直結されている。

 

A4982のMicrostep設定

A4982のデータシートを見ると、MS1,MS2の両方がHighの状態では、16ステップと書かれている。
これは、モーターの1ステップをさらに16分割してコントロールできると言う意味で、ステッピングモーターの1回転(200ステップ)を、FLMは3200ステップでコントロールしていると言うのがわかる。

 

これらを計算すると、

1回転で送る距離60mmを3200ステップでコントロールすると言うことで、FLMのヘッドの移動の精度としては0.01875mm(60÷3200)と言うことになる。

 

あ、でもまぁ、これはあくまでも理論上の話ではありますが・・・

 

-レーザー加工機
-

執筆者:

関連記事

タブレットスタンド

タブレットスタンドを作りました

レーザーカッター(FABOOL Laser Mini)を使ってタブレットスタンドを作ってみました。 作ったと言ってもThingiverseにアップされていたデータに少し手を加えただけなのですが・・・ …

ミニアームライト

ミニアームライトを作りました

小さい折りたたみテーブルの上で使えるようなスタンドライトが欲しいなと思い、小さなアームライトを作ってみました。 材料は2.5mmのMDFで、いつも通りレーザーカッターを使って作っています。 あーでも無 …

高さ調節下駄

[FABOOL Laser Mini]高さ調節できる下駄を作ってみました

久しぶりのレーザー加工機のネタです。 FABOOL Laser Miniの本体の脚はそれぞれ1枚の金属のプレートでできていて、高さ調節機能はありません。 あくまでも私の場合なのですが、しっかり組み立て …

no image

FABOOL Software パラメーターの数値

前回の「FABOOL Software パラメーターの順番」で、私がどのように加工の順番を指定しているかを書いたので、今度はパラメーターの数値について。 私は、FABOOL Laser Miniでの加 …

レーザーポインター

[FABOOL Laser Mini]レーザーポインタ(その2)

部屋を掃除していると、昔aitendoで買ったレーザーポインターが出てきました。   そう言えば、こんな物買ったなぁ・・・と思いながら、適当に触っていると、レーザーの先端部分が回転するのに気 …