レーザー加工機

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

投稿日:2018年7月20日 更新日:

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測定してみました。

 

シンワ測定 ダイヤルゲージ

測定に使ったのは、こちらのダイヤルゲージ。
0.01mmの変化が計測できる。

シンワ測定 ダイヤルゲージ 標準型 0.01mm/10mm 73750 – Amazon

 

ダイヤルゲージスタンド

今回は、ダイヤルゲージだけ買ってスタンドは自作です。
いつも通り、MDFをレーザーで切り抜いて作りました。
底面には磁石を仕込んでいるので、加工ベッドにベタッと張り付きます。

 

ダイヤルゲージ

このダイヤルゲージの先端を、FLMのフレームに当てて、押したり戻したりして測定してみました。
具体的には、1mm押して1mm戻した時の誤差をX軸とY軸でそれぞれ計りました。

 

ダイヤルゲージ

上のPNG動画を見てもらえると分かると思いますが(動いて見えない人は対応しているブラウザで見て下さい)、1mm押して1mm戻してるので、理想は針が同じ数値を差すことなのですが、押した時は針が10辺りで、戻した時は25辺りで止まっています。

ちなみに、押したり戻したりのコントロールは、シリアルポートを開いて直接Gコードを送って操作しました。(実際には一連の操作を行える専用のソフトを作りました)

で結果はと言うと、X軸が0.05mm程、Y軸が0.15mm程でした。

X軸はわりと優秀な気がしますが、でもY軸は酷い気がします。
こんなに酷くてもMDFの切り抜きとか出来てるのが凄い気がする。

円がいびつになるのは、もしかするとY軸のバックラッシュが原因なのかも・・・?

 

 

-レーザー加工機
-

執筆者:

関連記事

マスキングテープ塗装

レーザー加工機でマスキングテープをカット

マスキングテープをPCでデザインして好きな形にカットできれば、塗装用のマスクに使えて面白いんじゃないかとやってみました。   マスキングテープ 塗装用のマスキングテープは、ホームセンターで安 …

シルクスクリーンで印刷したTシャツ

レーザー加工機で簡易シルクスクリーン印刷

前回紹介したマスキングテープのカットを利用して、簡易的なシルクスクリーン印刷に挑戦してみました。 印刷するのは、定番のTシャツです。   スクリーン作り シルクスクリーン印刷なので、何はとも …

FABOOL Laser Mini

FABOOL Laser Miniが認識されない問題の原因と解決方法

(問題解決までのプロセスをごちゃごちゃ書いてるので、手っ取り早く原因と解決方法だけ知りたいかたはページの最後まで読み飛ばして下さい) さて、ようやく完成したFABOOL Laser Miniを試運転・ …

FABOOL Laser mini

[FABOOL Laser mini]加工ベッドについて

加工ベッドは純正品も販売されていますが、私はこれも手作りで安く済ませています。 なので、今回は私のFABOOL Laser miniで使っている加工ベッドについて紹介してみます。   私の使 …

クッキー

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように(その2)

前回、FABOOL Laser Miniの加工の位置決めをしやすいように、ヘッドのカバーにレーザーが通る位置の印を付けて、かなり位置決めしやすくなりました。 こんどはさらに目盛り付きの紙を貼り付けても …