レーザー加工機

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

投稿日:2018年7月20日 更新日:

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測定してみました。

 

シンワ測定 ダイヤルゲージ

測定に使ったのは、こちらのダイヤルゲージ。
0.01mmの変化が計測できる。

シンワ測定 ダイヤルゲージ 標準型 0.01mm/10mm 73750 – Amazon

 

ダイヤルゲージスタンド

今回は、ダイヤルゲージだけ買ってスタンドは自作です。
いつも通り、MDFをレーザーで切り抜いて作りました。
底面には磁石を仕込んでいるので、加工ベッドにベタッと張り付きます。

 

ダイヤルゲージ

このダイヤルゲージの先端を、FLMのフレームに当てて、押したり戻したりして測定してみました。
具体的には、1mm押して1mm戻した時の誤差をX軸とY軸でそれぞれ計りました。

 

ダイヤルゲージ

上のPNG動画を見てもらえると分かると思いますが(動いて見えない人は対応しているブラウザで見て下さい)、1mm押して1mm戻してるので、理想は針が同じ数値を差すことなのですが、押した時は針が10辺りで、戻した時は25辺りで止まっています。

ちなみに、押したり戻したりのコントロールは、シリアルポートを開いて直接Gコードを送って操作しました。(実際には一連の操作を行える専用のソフトを作りました)

で結果はと言うと、X軸が0.05mm程、Y軸が0.15mm程でした。

X軸はわりと優秀な気がしますが、でもY軸は酷い気がします。
こんなに酷くてもMDFの切り抜きとか出来てるのが凄い気がする。

円がいびつになるのは、もしかするとY軸のバックラッシュが原因なのかも・・・?

 

 

-レーザー加工機
-

執筆者:

関連記事

FABOOL Software

FABOOL Laser Mini 組み付け精度チェック

FABOOL用の精度チェックデータが公開されていたので試してみました。 公開されているデータは公式の物では無く、有志の方の作成された物です。 ありがたく利用させて頂きました。 データが公開されている場 …

レーザーポインタ

[FABOOL Laser Mini]位置決めしやすいように(その3)

位置決めをしやすいように、今度はレーザーカッターのヘッドにラインタイプのレーザーポインタを取り付けてみました。 これで今まで難しかった材料に対しての図柄の角度調整がやりやすくなった・・・はずです。 & …

焦点距離確認

[FABOOL Laser Mini]焦点距離と被写界深度の確認

※最初にお断りしておきますが、今回の私の方法はアバウトな計り方であくまでも目安。精密な距離や深度は測れませんので悪しからずご了承下さい。 FABOOL Laser Miniは、レーザーダイオードより発 …

高さ調節下駄

[FABOOL Laser Mini]高さ調節できる下駄を作ってみました

久しぶりのレーザー加工機のネタです。 FABOOL Laser Miniの本体の脚はそれぞれ1枚の金属のプレートでできていて、高さ調節機能はありません。 あくまでも私の場合なのですが、しっかり組み立て …

自作プリント基板

レーザー加工機を使ってプリント基板を作りました

ある日、YouTubeを見てると、レーザー加工機を使ってプリント基板(PCB)を作る方法が紹介されていました。 面白そうなので試しに私もFABOOL Laser(FLM3.5)を使ってPCBを作ってみ …