3Dプリンタ

Ender-3 ケースファンの回転問題とABSプリント対策

投稿日:2018年9月14日 更新日:

Ender-3のコントローラー基板が格納されているケースには、熱を逃す為のファンが付いています。上の写真がそうです。

これは電源投入直後、一瞬だけ回ってその後すぐに止まります。
でも、プリント中に見てみると、ちゃんと回っている。

このことから最初、ケース内の温度によって回転を制御してる?のかと思ったのですが

そうではありませんでした。

 

実はケースのファンは、フィラメント冷却用のファンと連動していました。

Ender-3のヘッドには2つのファンが付いています。
1つはノズルを冷却するファンと、もう一つはフィラメント冷却用のファン。
ノズル冷却用のファンは電源を入れるとずっと回りっぱなし。
フィラメント冷却用のファンは、コントローラーで回転数が制御され、プリントしていない時は止まっていて、プリント中はスライサーの設定に依存して回転します。

で、Ender-3はフィラメント冷却用のファンが回るとケースファンも回る、フィラメント冷却用のファンが止まればケースファンも止まると言う具合。

このことは、ABSのフィラメントで造形する時にちょっと問題となります。

PLAだと冷却しながらプリントすると綺麗に仕上がったりしますが、ABSは反りやすいので急冷を避けるために風をあまり当て無い設定にることが良くあります。

ですが、Ender-3ではフィラメント冷却用のファンを止めるとコントローラー基板を冷却するためのファンも止まってしまうと言う・・・

なんでこんな設計なん?

 

ABSプリント時の対策

しょうがないので、その場しのぎではありますが・・・

フィラメント冷却用のファンのダクトが取り外しできるようなので外しました。
そして、さらに逆向きに取り付けてみました。

これで、射出されたフィラメントに直接風があたることが無くなりました。
なのでスライサーの設定は、冷却全開にできます。

 

あと、ノズルを囲うケースの開口部が下に大きく開いていて、ノズル冷却ファンの風がかなり下に吹いています。
これも少しでも和らげる為、下側に紙で風防を作って磁石で貼り付けて、下方向への風を遮断してみました。
下手するとノズル詰まりの原因にもなりますが、他にも空気が逃げる隙間はあるので、大丈夫かなという判断。

 

そして、この対策の前と後で比較してみました。
使ったのは有名な 3DBenchy

#3DBenchy – The jolly 3D printing torture-test by CreativeTools.se – Thingiverse

 

左←が対策後、右→が対策前
同じフィラメント、同じGCodeファイルで出力しました。
ラフト無し、サポート無しで直接ビルドシートの上に出力しています。積層は0.2mm。
底面の反りはとても改善されました。

これも、左←が対策後、右→が対策前
天井の内側は、対策前の方がきれいに出てる感じ。
対策後は少しフィラメントが垂れて崩落しています。

 

その他の見た目は、殆どどちらも同じ感でした。

と言う訳で以上です。

 

-3Dプリンタ
-

執筆者:

関連記事

BS01+

BS01+にMarlin1.1.9

今更ながら、BS01+のファームウェアをMarlin1.1.9にしてみました。 BS01を動かすのは、Ender-3を買ってから動かした記憶が無いので、かれこれ1年以上ぶりとなります。   …

Ender-3 Pin29

Ender-3 29番ピン

2台目Ender-3のオートベッドレベリングのセンサーに、BFPTouchを使うことにしました。 Ender-3では、プローブの上げ下げを伴うレベリングセンサーを使うと、音(ビープ音)が鳴らなくなりま …

Ender

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換えが避けられない。 ので、今回Marlinの最新版へとEnder-3のファームウェアの書き換えに挑戦しました。 ので、ここにその手順を書 …

付属のタグ

Capricorn PTFE tube

CapricornのPTFEチューブを買ってみました。 購入したのは、CapricornのXSシリーズのPTFEチューブ。 このチューブはUltra Low Frictionと言うことで、摩擦が少なく …

Ender-3 ケーブルピラー

Ender-3 cable pillar

Ender-3のホットエンドのケーブルを固定する支柱となる部品を作ってみました。   もともとEnder-3のケーブルは、フィラメントが通っているチューブに結束バンドによって固定されていまし …