3Dプリンタ

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

投稿日:2018年9月30日 更新日:

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホルダーに入らなくて困ったので、スプールホルダーをM8サイズのボルトに変更しました。

 

Ender-3のもともとのスプールホルダーは、上の写真のようなプラスチックのパイプです。
これがまた、太くて短いのです。

 

Ender-3付属のスプールのままだと、昔買った手持ちのいくつかのフィラメントが、穴が小さくて入らなかったり、長さが足りなかったり・・・
こんな状態なので、BS01の真似をして、ボルト+パイプの組み合わせのスプールホルダーにする為のアダプターを作りました。

M8ボルトのスプールホルダーの材料は、Ender-3でプリントしたアダプター、M8サイズの長さ150mmのボルト(全ネジ)、ナット3つ、ワッシャー3つ。
そして、アルミのパイプは、100均のセリアで買った物をパイプカッターで切った物です。

 

アダプターをネジで締めて

アルミのパイプを通して、端はワッシャーをナット2つで締め込む。
これだけで出来上がりです。

 

これでなんとか、昔買ったフィラメントをEnder-3にセットして使うことができるようになりました。

とは言え、フィラメントを買うときは、使われているスプールにも気をつけたほうが良いですね。

このような径の小さいスプールだと、最後のほうはフィラメントの撒き癖がもの凄いです。
あと、写真では分かりにくいですが、無理矢理巻いてるからかフィラメントが曲がって白く変色しちゃったりしています。
なので、フィラメントを買う時は、スプールの径が大きいものを選ぶようにしたいですね。

 

と言う訳で、今回作ったスプールホルダーのM8ボルト化のアダプターのデータはThingiverseにアップしていますので、スプールホルダーが合わなくてお困りの方、ご自由にお使い下さい。

Ender-3 Spool holder replace to M8Bolt adapter – Thingiverse

 

-3Dプリンタ
-

執筆者:

関連記事

Ender-3 ケーブルピラー

Ender-3 cable pillar

Ender-3のホットエンドのケーブルを固定する支柱となる部品を作ってみました。   もともとEnder-3のケーブルは、フィラメントが通っているチューブに結束バンドによって固定されていまし …

Ender-3 LCDコントローラー

BFPTouchをEnder-3で使う為のファームウェア書き換え

今回は、BFPTouch(自作のタッチセンサー)をEnder-3でオートベッドレベリングに利用する為のファームウェアについてです。 電磁誘導式センサーを使ったオートベッドレベリングとは編集内容が少し異 …

Ender-3 ホットエンド

Ender-3 Auto Bed Leveling

Ender-3で、Auto Bed Leveling(ABL)に挑戦しました。 オート・ベッド・レベリングとは、ベッドの高さ調整を自動でやってくれるやつです。 あの面倒なベッドの高さ調整が必要無くなり …

Ender-3 メニューをカスタマイズ

Ender-3 カスタムコマンドを登録

Ender-3のファームウェアであるMarlinには良く使うスクリプト(G-Code)を、カスタムコマンドとしてLCDメニューに登録しておく機能があります。 カスタムコマンドを登録しておけば、後からL …

THETA紐式リモートレリーズ

THETA 紐式リモートレリーズ

RICOH THETA用の紐式のリモートレリーズを3Dプリンターで作ってみました。 紐を引っ張ってシャッターボタンを押す仕組みの装置です。 THETAはスマホと接続してリモート撮影ができるのですが、W …