メモ

100均USB電球型ライトを買ってきた

投稿日:2019年1月26日 更新日:

セリア 10SMD 電球型 USBライト

100均(セリア)で販売されている、USBから給電できる電球型ライトを買ってみました。

これは結構前から売られていて人気の商品のようですが、私はこの商品の存在を最近知りました。
最近知って、これ良いなと思い近くの100円ショップを巡って探して見たのですが、これがなかなか売って無くて、セリアでやっと見つけました。

USBライト 4個

何色の商品があるのか分かりませんが、私が見つけたお店ではパステルブルーとパステルグリーンの2色しか置いてなくて、しょうが無いので各色2個づつ計4つ買って来ました。

USBライト パッケージ

パッケージには10SMD 電球型USBライトと書かれています。
SMDと言うのは、電子回路なんかの基板の表面に実装するタイプの部品のことを言いますので、つまり10個のLEDが使われていると言うことなんですね。

USBライト パッケージ2

電源は、パソコンのUSB、ACアダプター、モバイルバッテリーから給電できるようです。
私はモバイルバッテリーを使って、電源の無い場所の照明として使う予定です。

USBライト 点灯

早速モバイルバッテリーに接続してみると、とても明るく点灯しました。
しかし、暫く点灯させ続けると、本体が熱を持ち始めました。
触れられない程では無いですが、結構熱いです。

電流値を計ってみると、5Vの電源では620mA程流れました。
そして、あるモバイルバッテリーに繋ぐと、4.8Vで560mA程と言う数値でした。
明るいだけあって結構電気を食います。

USBライト分解

そして中身ですが、電球部分は爪で引っかかってるだけで、少しひねると簡単に外れました。
中の基板は特に固定されておらず、簡単に外れました。
そして、LEDですが、商品名の通り10個のチップLEDが使われていました。
あと、電流制限に2つのチップ抵抗が実装されていることが分かりました。

USBライト回路図

結線はこんな感じになっているようです。
抵抗は1つ4.7Ωのチップ抵抗2つが並列に接続されているので、2.35Ωの合成抵抗となります。
LEDは10個が並列に接続されています。

USBライト ケーブル

中身を見てみると、突っ込みどころが多いので、少し耐久性が心配になりますが、その辺り果たしてどうなんでしょうか・・・

USBライト ホルダー

そして、かなり適当ですが、このUSBライトを引っかける為のホルダーを3Dプリンターで作ってみました。
このライトはプラスチック製でかなり軽いので、そのまま引っかけておくだけでは安定感がとても悪い。
USBケーブルにちょっと触れるだけでもライトの角度が変わってしまうので、かっちりと保持できるようにこのホルダーを作りました。
これは本当に適当に作ったので、データを公開するのは控えますが・・・

と言う訳で、100均のUSBライトを買ったと言う話でした。

-メモ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モバイルバッテリー Arduino

ダイソーのモバイルバッテリーをArduinoに使う

前回買ったダイソーの500円のモバイルバッテリーをArduinoの電源として使いたいと思います。 しかし、ダイソーの物に限らずモバイルバッテリーをこう言った電子工作で使う場合、ちょっとした問題が有りま …

ダイソー 500円モバイルバッテリー

ダイソーの500円モバイルバッテリー

ダイソーの500円のモバイルバッテリーを買ってみました。 3000mAhの容量で税込み540円でした。 Amazonなんかで売られている大容量のモバイルバッテリーなんかと比べると、容量当たりのコスパは …