電子工作

中国産Arduino Nano買ったら嫌な気持ちになった話

投稿日:2019年2月13日 更新日:

Arduinoの中ではNanoが使いやすくて良く利用しているのですが、手持ちのArduino Nano(互換機)が無くなったのでAmazonで追加注文しました。
で、届いたのがこちら

中華ArduinoNano 3つ

中国製のArduino Nano(互換機)は、Amazon発送で3つ1350円で買えました。
1つ450円。
本物のNanoが3000円近い値段で販売されていることを考えると破格ですね。
でも、海外通販なんかで買うと、さらに安かったりします。
国内でmega328p単体で買うより安い状況。

中華ArduinoNano

で、本物のArduinoNanoと大きく違うのが、このUSBシリアル変換のチップのCH340Gなのですが・・・

・・・って、有るはずの刻印が無い!!!

調べるとCH340Gも偽物が出回ってるらしいです・・・

良く見ると他の部品もあやしい・・・

3端子レギュレーターも表面が削られたような感じがあるし・・・

なんだよこれー・・・

中華ArduinoNano

ちなみに、これは以前買った中華Arduino Nanoです。
CH340GもAMS1117も、刻印が綺麗に読み取れます。

綺麗に読み取れたからと言って本物とは限らないけど・・・
逆に言うと、刻印が無くても偽物とは限らない・・・ってそんなこと有るの?

と言う訳で、嫌な気持ちになった話でした。

-電子工作
-

執筆者:

関連記事

BrushKnob - volume control

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換えでパソコンのボリュームコントローラーにすることができます。 ノブを回して音量を上げたり下げたり、ボタンを押してでミュートと言った具 …

HID AVR Writer

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく、他の方が作り方公開されている物を作っただけですが・・・ 作ったのはこちらで紹介されているHID AVR ライターです。 『昼夜逆転』工 …

自作プリント基板

レーザー加工機を使ってプリント基板を作りました

ある日、YouTubeを見てると、レーザー加工機を使ってプリント基板(PCB)を作る方法が紹介されていました。 面白そうなので試しに私もFABOOL Laser(FLM3.5)を使ってPCBを作ってみ …

LCR-T4

Maker御用達 とても便利な電子部分テスター LCR-T4

先日、LCR-T4と言う電子部品のテスターを買いました。 日本のAmazonで1240円でした。 HiLetgo® LCR-T4 9V 128*64 LCD抵抗コンデンサー ダイオード SCR トラン …

BrashKnob

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの大きさを変えられるコントローラーです。 ノブとスイッチが1つづつ付いているだけのシンプルなコントローラー。 PCとの接続はUSBで行い …