3Dプリンタ

3DプリンターでDCモーターのプーリーを作ってみた

投稿日:2019年2月15日 更新日:

DCモータープーリー

3DプリンターでDCモーター用のプーリーが作れれば工作の幅が広がるなと思って、試しに作ってみました。
試しに作っただけなので、モーターでプーリーを回すだけの物となっています。

マブチモーター

用意したモーターは比較的小さいサイズのモーター。

プーリー

3Dプリンターで出力した直後のプーリー
軸穴は8mm
肉抜きの穴を適当に4つ開けてみました。

プーリーの軸

軸は、8mmのアルミパイプを適当に切って圧入しています。
接着とかネジ止めとかはしていません。

軸受け

軸受けは608ZZのベアリングを2個並べて使いました。

モーター側のプーリー

モーター側のプーリーはこんな感じ。
モーターの軸に合わせて軸穴を開けて圧入する形。
「圧入だけで大丈夫か?」と心配でしたが、圧入だけで十分固定されている。

モーターに付属のプーリー

こちらはモーターに付属のプーリー。
2段になっている。

バンコード

ベルトにはバンコードと言うバンドー化学製の丸ベルトを使いました。
左が直径2mm、右が直径3mmのバンコード
バンコードは適当な長さで切って、熱で溶かして端と端を繋ぎ合わせる。
近所のホームセンターで1m辺り100~200円程だったと思います。
Amazonなんかではちょっと高い。

バンコードの繋ぎ目

繋ぎ合わせは下手くそです。
これが騒音や振動の原因になります。
まあ、とりあえずこれでも切れずに回るので、今回はこの程度で・・・
(と言うか、これ以上上手く繋げません><)

DCモータープーリー

全部組み立てるとこんな感じになります。
マブチモーター(RE280RA)付属のプーリーには、2mmのバンコードが丁度良い。
若しくは輪ゴムなんかも使える。

 

そして、電池を接続して実際に回してみました。
一応、それなりに回りますが、やはりブレが大きいです。

DCモータープーリー PETG

DCモータープーリー ABS

上の画像は、回してるのを真横から撮影したものを動画化したものです。
上の白いプーリーの方はPETGで出力した物で、下のグレーのプーリーはABSで出力したもの。
分かりづらいかも知れませんが、PETGで作った方がブレが大きく、ABSで作った方がブレが小さい。
軸はどちらもアルミパイプをベアリングで受けた物なので、ブレの原因はプーリーの精度だと思うのですが、材質によって結構違うようです。

ま、どちらにせよ、ブレが結構大きいので、精密な操作には向かないかと思います。
ですが、動力の伝達としては十分使えそうだなと感じました。

と言う訳で以上です。

 

-3Dプリンタ
-

執筆者:

関連記事

Ender-3 ケース ファン

Ender-3 ケースファンの回転問題とABSプリント対策

Ender-3のコントローラー基板が格納されているケースには、熱を逃す為のファンが付いています。上の写真がそうです。 これは電源投入直後、一瞬だけ回ってその後すぐに止まります。 でも、プリント中に見て …

Ender-3 シート張り替え

Ender-3 傷んだビルドシートを張り替え

Ender-3を買ってから約2ヶ月、いつも中心でばかりでプリントしているせいで、シートの真ん中はシートの糊が剥がれて、浮き上がってしまっています。 最近では、少し破れてしまい穴が空いてしまいました。 …

Ender-3 Fan filter

PETGフィラメントとファンフィルター

最近、PETGフィラメントを使い始めました。 PETGは、ABSと比べて反りが少なくプリントが簡単で、PLAと比べると温度が高めなのと加工性が良くて切ったり削ったりできるので、とても便利です。 特に今 …

Ender-3

格安3Dプリンター Creality Ender-3

最近、2台目となる3Dプリンターを買いました。 買ったのは、サインスマートが販売しているCreality Ender-3。 以前から気になっていて、買おうかどうしようか迷っていたのですが、ついつい手が …

Ender

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換えが避けられない。 ので、今回Marlinの最新版へとEnder-3のファームウェアの書き換えに挑戦しました。 ので、ここにその手順を書 …