3Dプリンタ

オートベッドレベリングのセンサーの精度

投稿日:

オートベッドレベリング センサー3種

ここのところ2台目Ender-3用のオートベッドレベリングの取り付けをやっていました。
ここで気になるのは

「で、結局どのセンサーが良いのか?」

って所です。

なので今回は、3DTouch、自作タッチセンサー、電磁誘導センサーの3種の精度の比較をしてみました。

 

比較方法

本題の比較ですが、GCODEのM48コマンドの結果と、G29コマンドの結果をそれぞれ比較してみたいと思います。

また、私は現在2台のEnder-3を持っていまして、電磁誘導センサーはEnder-3 1号機、3DTouchとBFPTouchはEnder-3 2号機で実施しています。
当比較結果は、あくまでも私の環境で利用した場合の結果で、各センサーの絶対的な精度ではありません。

あと、テーブルは常温の冷えた状態で行いました。
夏場の冷房無しの部屋で、テーブル温度は30度程度でした。

 

M48コマンドで比較

M48コマンドとは、Z軸のプローブの精度を検証する為の命令です。
Z軸の上げ下げを何度か繰り返してプローブの検出誤差を表示してくれます。
このコマンドはファームウェア(Marlin)に実装されている機能ですが、ファームウェアの設定ファイルで有効化しておかないと使えない機能です。

今回の比較では、各センサーの上下動10回(デフォルト値)を3セット行ってその結果を見てみることにしました。
また各セット毎に、ホーミング(G28コマンド)を行っています。

実際に実行したコマンドとしては

G28
M48 V4

です。

M48 – Probe Accuracy Test – Marlin Firmware

 

G29コマンドで比較

G29コマンドは、オートベッドレベリングの走査を実行する命令です。
テーブル上の3×3の地点で高さを測り、その結果を出力してくれます。

M48での比較と同様、3セット行ってその結果を見てみることにしました。
また各セット毎に、ホーミング(G28コマンド)を行っています。

実際に実行したコマンドとしては

G28
G29

です。

G29 – Bed Leveling (Automatic) – Marliin Firmware

 

M48コマンドの結果

とりあえず実行結果の生データを記しておきます。
見てもよく分からないと思うので、読み飛ばして下さい。

 

3DTouch

1回目

M48 Z-Probe Repeatability Test
Positioning the probe...
Bed X: 110.000 Y: 110.000 Z: 0.003
1 of 10: z: 0.008 mean: 0.0075 sigma: 0.000000 min: 0.008 max: 0.008 range: 0.000
2 of 10: z: -0.002 mean: 0.0025 sigma: 0.005000 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
3 of 10: z: 0.003 mean: 0.0025 sigma: 0.004082 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
4 of 10: z: 0.005 mean: 0.0031 sigma: 0.003698 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
5 of 10: z: 0.000 mean: 0.0025 sigma: 0.003536 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
6 of 10: z: 0.000 mean: 0.0021 sigma: 0.003359 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
7 of 10: z: 0.000 mean: 0.0018 sigma: 0.003194 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
8 of 10: z: 0.005 mean: 0.0022 sigma: 0.003172 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
9 of 10: z: 0.003 mean: 0.0022 sigma: 0.002992 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
10 of 10: z: 0.000 mean: 0.0020 sigma: 0.002915 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
Finished!
Mean: 0.002000 Min: -0.002 Max: 0.008 Range: 0.010
Standard Deviation: 0.002915

 

2回目

M48 Z-Probe Repeatability Test
Positioning the probe...
Bed X: 110.000 Y: 110.000 Z: 0.000
1 of 10: z: 0.000 mean: 0.0000 sigma: 0.000000 min: 0.000 max: 0.000 range: 0.000
2 of 10: z: -0.007 mean: -0.0037 sigma: 0.003750 min: -0.007 max: 0.000 range: 0.007
3 of 10: z: -0.012 mean: -0.0067 sigma: 0.005137 min: -0.012 max: 0.000 range: 0.012
4 of 10: z: -0.007 mean: -0.0069 sigma: 0.004463 min: -0.012 max: 0.000 range: 0.012
5 of 10: z: -0.010 mean: -0.0075 sigma: 0.004183 min: -0.012 max: 0.000 range: 0.012
6 of 10: z: -0.010 mean: -0.0079 sigma: 0.003931 min: -0.012 max: 0.000 range: 0.012
7 of 10: z: -0.002 mean: -0.0071 sigma: 0.004103 min: -0.012 max: 0.000 range: 0.012
8 of 10: z: -0.020 mean: -0.0087 sigma: 0.005728 min: -0.020 max: 0.000 range: 0.020
9 of 10: z: -0.010 mean: -0.0089 sigma: 0.005415 min: -0.020 max: 0.000 range: 0.020
10 of 10: z: -0.010 mean: -0.0090 sigma: 0.005148 min: -0.020 max: 0.000 range: 0.020
Finished!
Mean: -0.009000 Min: -0.020 Max: 0.000 Range: 0.020
Standard Deviation: 0.005148

 

3回目

M48 Z-Probe Repeatability Test
Positioning the probe...
Bed X: 110.000 Y: 110.000 Z: -0.007
1 of 10: z: 0.003 mean: 0.0025 sigma: 0.000000 min: 0.003 max: 0.003 range: 0.000
2 of 10: z: 0.003 mean: 0.0025 sigma: 0.000000 min: 0.003 max: 0.003 range: 0.000
3 of 10: z: -0.002 mean: 0.0008 sigma: 0.002357 min: -0.002 max: 0.003 range: 0.005
4 of 10: z: -0.005 mean: -0.0006 sigma: 0.003248 min: -0.005 max: 0.003 range: 0.007
5 of 10: z: -0.005 mean: -0.0015 sigma: 0.003391 min: -0.005 max: 0.003 range: 0.007
6 of 10: z: -0.010 mean: -0.0029 sigma: 0.004429 min: -0.010 max: 0.003 range: 0.012
7 of 10: z: 0.000 mean: -0.0025 sigma: 0.004226 min: -0.010 max: 0.003 range: 0.012
8 of 10: z: -0.010 mean: -0.0034 sigma: 0.004667 min: -0.010 max: 0.003 range: 0.012
9 of 10: z: -0.002 mean: -0.0033 sigma: 0.004410 min: -0.010 max: 0.003 range: 0.012
10 of 10: z: 0.000 mean: -0.0030 sigma: 0.004301 min: -0.010 max: 0.003 range: 0.012
Finished!
Mean: -0.003000 Min: -0.010 Max: 0.003 Range: 0.012
Standard Deviation: 0.004301

 

BFPTouch

1回目

M48 Z-Probe Repeatability Test
Positioning the probe...
Bed X: 110.000 Y: 110.000 Z: 0.005
1 of 10: z: 0.005 mean: 0.0050 sigma: 0.000000 min: 0.005 max: 0.005 range: 0.000
2 of 10: z: 0.003 mean: 0.0038 sigma: 0.001250 min: 0.003 max: 0.005 range: 0.002
3 of 10: z: 0.008 mean: 0.0050 sigma: 0.002041 min: 0.003 max: 0.008 range: 0.005
4 of 10: z: -0.005 mean: 0.0025 sigma: 0.004677 min: -0.005 max: 0.008 range: 0.012
5 of 10: z: -0.005 mean: 0.0010 sigma: 0.005148 min: -0.005 max: 0.008 range: 0.012
6 of 10: z: -0.002 mean: 0.0004 sigma: 0.004877 min: -0.005 max: 0.008 range: 0.012
7 of 10: z: 0.005 mean: 0.0011 sigma: 0.004792 min: -0.005 max: 0.008 range: 0.012
8 of 10: z: -0.002 mean: 0.0006 sigma: 0.004635 min: -0.005 max: 0.008 range: 0.012
9 of 10: z: -0.002 mean: 0.0003 sigma: 0.004479 min: -0.005 max: 0.008 range: 0.012
10 of 10: z: 0.003 mean: 0.0005 sigma: 0.004301 min: -0.005 max: 0.008 range: 0.012
echo:busy: processing
Finished!
Mean: 0.000500 Min: -0.005 Max: 0.008 Range: 0.012
Standard Deviation: 0.004301

 

2回目

M48 Z-Probe Repeatability Test
Positioning the probe...
Bed X: 110.000 Y: 110.000 Z: -0.005
1 of 10: z: -0.002 mean: -0.0025 sigma: 0.000000 min: -0.002 max: -0.002 range: 0.000
2 of 10: z: 0.000 mean: -0.0012 sigma: 0.001250 min: -0.002 max: 0.000 range: 0.002
3 of 10: z: 0.008 mean: 0.0017 sigma: 0.004249 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
4 of 10: z: 0.003 mean: 0.0019 sigma: 0.003698 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
5 of 10: z: 0.003 mean: 0.0020 sigma: 0.003317 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
6 of 10: z: 0.005 mean: 0.0025 sigma: 0.003227 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
7 of 10: z: 0.000 mean: 0.0021 sigma: 0.003113 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
8 of 10: z: 0.000 mean: 0.0019 sigma: 0.002997 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
9 of 10: z: -0.002 mean: 0.0014 sigma: 0.003143 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
10 of 10: z: 0.003 mean: 0.0015 sigma: 0.003000 min: -0.002 max: 0.008 range: 0.010
Finished!
Mean: 0.001500 Min: -0.002 Max: 0.008 Range: 0.010
Standard Deviation: 0.003000

 

3回目

M48 Z-Probe Repeatability Test
Positioning the probe...
Bed X: 110.000 Y: 110.000 Z: 0.000
1 of 10: z: 0.000 mean: 0.0000 sigma: 0.000000 min: 0.000 max: 0.000 range: 0.000
2 of 10: z: 0.005 mean: 0.0025 sigma: 0.002500 min: 0.000 max: 0.005 range: 0.005
3 of 10: z: 0.005 mean: 0.0033 sigma: 0.002357 min: 0.000 max: 0.005 range: 0.005
4 of 10: z: -0.007 mean: 0.0006 sigma: 0.005116 min: -0.007 max: 0.005 range: 0.012
5 of 10: z: 0.000 mean: 0.0005 sigma: 0.004583 min: -0.007 max: 0.005 range: 0.012
6 of 10: z: -0.005 mean: -0.0004 sigma: 0.004658 min: -0.007 max: 0.005 range: 0.012
7 of 10: z: 0.000 mean: -0.0004 sigma: 0.004315 min: -0.007 max: 0.005 range: 0.012
8 of 10: z: 0.003 mean: 0.0000 sigma: 0.004146 min: -0.007 max: 0.005 range: 0.012
9 of 10: z: 0.003 mean: 0.0003 sigma: 0.003987 min: -0.007 max: 0.005 range: 0.012
10 of 10: z: 0.003 mean: 0.0005 sigma: 0.003841 min: -0.007 max: 0.005 range: 0.012
Finished!
Mean: 0.000500 Min: -0.007 Max: 0.005 Range: 0.012
Standard Deviation: 0.003841

 

電磁誘導センサー

1回目

M48 Z-Probe Repeatability Test
Positioning the probe...
Bed X: 110.000 Y: 110.000 Z: -0.003
1 of 10: z: -0.003 mean: -0.0025 sigma: 0.000000 min: -0.003 max: -0.003 range: 0.000
2 of 10: z: -0.000 mean: -0.0013 sigma: 0.001250 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
3 of 10: z: -0.000 mean: -0.0008 sigma: 0.001179 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
4 of 10: z: -0.000 mean: -0.0006 sigma: 0.001083 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
5 of 10: z: -0.000 mean: -0.0005 sigma: 0.001000 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
6 of 10: z: -0.000 mean: -0.0004 sigma: 0.000932 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
7 of 10: z: -0.000 mean: -0.0004 sigma: 0.000875 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
8 of 10: z: -0.000 mean: -0.0003 sigma: 0.000827 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
9 of 10: z: -0.000 mean: -0.0003 sigma: 0.000786 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
10 of 10: z: -0.000 mean: -0.0003 sigma: 0.000750 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
Finished!
Mean: -0.000250 Min: -0.003 Max: -0.000 Range: 0.002
Standard Deviation: 0.000750

 

2回目

M48 Z-Probe Repeatability Test
Positioning the probe...
Bed X: 110.000 Y: 110.000 Z: -0.000
1 of 10: z: -0.000 mean: -0.0000 sigma: 0.000000 min: -0.000 max: -0.000 range: 0.000
2 of 10: z: -0.000 mean: -0.0000 sigma: 0.000000 min: -0.000 max: -0.000 range: 0.000
3 of 10: z: -0.000 mean: -0.0000 sigma: 0.000000 min: -0.000 max: -0.000 range: 0.000
4 of 10: z: -0.000 mean: -0.0000 sigma: 0.000000 min: -0.000 max: -0.000 range: 0.000
5 of 10: z: -0.000 mean: -0.0000 sigma: 0.000000 min: -0.000 max: -0.000 range: 0.000
6 of 10: z: -0.003 mean: -0.0004 sigma: 0.000932 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
7 of 10: z: -0.003 mean: -0.0007 sigma: 0.001129 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
8 of 10: z: -0.000 mean: -0.0006 sigma: 0.001083 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
9 of 10: z: -0.003 mean: -0.0008 sigma: 0.001179 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
10 of 10: z: -0.000 mean: -0.0008 sigma: 0.001146 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
Finished!
Mean: -0.000750 Min: -0.003 Max: -0.000 Range: 0.002
Standard Deviation: 0.001146

 

3回目

M48 Z-Probe Repeatability Test
Positioning the probe...
Bed X: 110.000 Y: 110.000 Z: -0.000
1 of 10: z: -0.003 mean: -0.0025 sigma: 0.000000 min: -0.003 max: -0.003 range: 0.000
2 of 10: z: -0.000 mean: -0.0013 sigma: 0.001250 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
3 of 10: z: -0.000 mean: -0.0008 sigma: 0.001179 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
4 of 10: z: -0.003 mean: -0.0013 sigma: 0.001250 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
5 of 10: z: -0.000 mean: -0.0010 sigma: 0.001225 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
6 of 10: z: -0.000 mean: -0.0008 sigma: 0.001179 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
7 of 10: z: -0.000 mean: -0.0007 sigma: 0.001129 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
8 of 10: z: -0.000 mean: -0.0006 sigma: 0.001083 min: -0.003 max: -0.000 range: 0.002
9 of 10: z: 0.002 mean: -0.0003 sigma: 0.001416 min: -0.003 max: 0.002 range: 0.005
10 of 10: z: -0.000 mean: -0.0003 sigma: 0.001346 min: -0.003 max: 0.002 range: 0.005
Finished!
Mean: -0.000250 Min: -0.003 Max: 0.002 Range: 0.005
Standard Deviation: 0.001346

 

結果検証

 

3DTouch Mean Min Max Range Standard Deviation
1回目 0.002000 -0.002 0.008 0.010 0.002915
2回目 -0.009000 -0.020 0.000 0.020 0.005148
3回目 -0.003000 -0.010 0.003 0.012 0.004301
BFPTouch Mean Min Max Range Standard Deviation
1回目 0.000500 -0.005 0.008 0.012 0.004301
2回目 0.001500 -0.002 0.008 0.010 0.003000
3回目 0.000500 -0.007 0.005 0.012 0.003841
電磁誘導センサー Mean Min Max Range Standard Deviation
1回目 -0.000250 -0.003 -0.000 0.002 0.000750
2回目 -0.000750 -0.003 -0.000 0.002 0.001146
3回目 -0.000250 -0.003 -0.003 0.002 0.001346

各実行結果を表にしました。

ここで見るべきは多分Standard Deviation(標準偏差)だと思うのですが、実のところこの数値が何を表しているのか良く分かっていません。なんとなく数値が小さい方が良いと言うことだけは分かるのですが・・・

Meanは平均値、RangeがMinとMaxの差で、私としてはこのRangeの値が結構重要なんじゃ無いかと思っています。平均値がどれだけ良くても、時々とんでも無く狂うとなれば、そんなセンサー使えませんからね。

で、表を見てみると意外な結果が出ました。
私としては3DTouchが一番良くて、電磁誘導は一番悪いんじゃないかと思っていましたが、真逆の結果となりました。
電磁誘導が一番良くて、BFPTouch、3DTouchの順です。
BFPTouchと3DTouchの差は僅かですが、電磁誘導はそれより数倍は精度が高い感じですね。

電磁誘導のRangeの数値を見てみると、10回上げ下げしてもステッピングモーターの1ステップ狂うか狂わないかと言う結果は凄くないですか?
BFPTouch、3DTouchは4ステップ程度ズレています。

 

G29コマンドの結果

実行結果の数値はテーブルの傾きを表しています。
傾きが酷いのは見逃してもらうとして、ここではセンサーの数値の再現性がどれだけ有るかに注目して欲しいです。
なので、1回目との差、2回目との差を実行結果と共に表にしました。

 

3DTouch

  実行結果 1回目との差 2回目との差
1回目
Bilinear Leveling Grid:
      0      1      2
 0 +0.025 +0.060 -0.012
 1 -0.027 +0.013 -0.077
 2 +0.095 +0.045 +0.015
   
2回目
Bilinear Leveling Grid:
      0      1      2
 0 +0.018 +0.030 -0.050
 1 -0.002 +0.025 -0.107
 2 +0.053 +0.008 -0.027
 
      0      1      2
 0  0.007  0.030  0.038
 1  0.025  0.012  0.030
 2  0.042  0.037  0.042
 
3回目
Bilinear Leveling Grid:
      0      1      2
 0 +0.053 +0.050 -0.017
 1 +0.040 +0.050 -0.087
 2 +0.078 +0.045 +0.003
 
      0      1      2
 0  0.028  0.010  0.005
 1  0.067  0.037  0.010
 2  0.017  0.000  0.012
 
      0      1      2
 0  0.035  0.020  0.033
 1  0.042  0.025  0.020
 2  0.025  0.037  0.030

 

BFPTouch

  実行結果 1回目との差 2回目との差
1回目
Bilinear Leveling Grid:
      0      1      2
 0 +0.088 +0.043 -0.017
 1 +0.035 +0.035 -0.097
 2 +0.088 +0.008 -0.042
   
2回目
Bilinear Leveling Grid:
      0      1      2
 0 +0.090 +0.058 +0.005
 1 +0.045 +0.040 -0.087
 2 +0.093 +0.013 -0.035
 
      0      1      2
 0  0.002  0.015  0.012
 1  0.010  0.005  0.010
 2  0.005  0.005  0.007
 
3回目
Bilinear Leveling Grid:
      0      1      2
 0 +0.085 +0.043 -0.027
 1 +0.035 +0.025 -0.090
 2 +0.080 +0.000 -0.052
 
      0      1      2
 0  0.003  0.000  0.010
 1  0.000  0.010  0.007
 2  0.008  0.008  0.010
 
      0      1      2
 0  0.005  0.015  0.032
 1  0.010  0.015  0.003
 2  0.013  0.013  0.017

 

電磁誘導センサー

  実行結果 1回目との差 2回目との差
1回目
Bilinear Leveling Grid:
      0      1      2
 0 +0.092 +0.065 +0.152
 1 +0.020 -0.010 +0.050
 2 +0.065 -0.018 +0.075
   
2回目
Bilinear Leveling Grid:
      0      1      2
 0 +0.085 +0.057 +0.147
 1 +0.015 -0.015 +0.050
 2 +0.057 -0.025 +0.067
 
      0      1      2
 0  0.007  0.008  0.005
 1  0.005  0.005  0.000
 2  0.008  0.007  0.008
 
3回目
Bilinear Leveling Grid:
      0      1      2
 0 +0.087 +0.062 +0.147
 1 +0.017 -0.013 +0.050
 2 +0.062 -0.023 +0.070
 
      0      1      2
 0  0.005  0.003  0.005
 1  0.003  0.003  0.000
 2  0.003  0.005  0.005
 
      0      1      2
 0  0.002  0.005  0.000
 1  0.002  0.002  0.000
 2  0.005  0.002  0.003

 

結果検証

3つのセンサー全てで言えることですが、M48コマンドの結果よりも悪い数値となっています。
その原因は良く分かりませんが、G29は移動を伴うので、その影響かなと考えています。

で、ここでの結果もダントツで電磁誘導センサーが勝っていて、次いでBFPTouch、3DTouchとなっています。
特に、BFPTouchと3DTouchの差がより顕著に出ている気がしますね。

あと、3DTouchは1箇所につき2回タッチ(1回目は通常速度、2回目はゆっくり)して高さをチェックしています。1回だけだと結果がもう少し悪いので、2回にしています。
電磁誘導とBFPTouchは1回づつなので、3DTouchは他のセンサーよりもG29コマンドの実行時間が長いという点もマイナスポイントです。

 

結論

以上の結果から、センサーの精度は電磁誘導タイプのセンサーが一番良いことがわかりました。
次いで手作りのタッチセンサーであるBFPTouch、最後に3DTouchが来るという予想外の結果でした。
でも、数値を見る限りはどのセンサーでも実用に問題無いレベルじゃ無いかと思います。

 

BFPTouch(お勧めNo1)

BFPTouch Sensor
お勧め度★★★★★(5)

BFPTouchは、フォトインタラプタとサーボを組み合わせた手作りのタッチセンサーで、その精度は意外なことに3DTouchよりも高い結果が出ました。
私は3DTouchの方が上だと思っていたので本当に意外でした。
このセンサーのデメリットは、自分で作らなくてはいけないと言う所でしょうか。
でも、3Dプリンタを持つくらいの人なら、逆に作るのを楽しめるかも?

電磁誘導センサー(お勧めNo2)

電磁誘導センサー
お勧め度★★★★☆(4)

センサーの精度としては電磁誘導のセンサーが圧倒的に良いことが分かったのですが、電磁誘導なのでベッドの表面では無く、その下の金属にしか反応しないので、使いにくさが否めません。
上に乗せるビルドシートの厚みの影響もあるので、実際のレベリングの精度はこれだけでは分かりません。
また、反応範囲の狭さからガラス板なんかは使えないと言うデメリットもあります。

3DTouch

Ender-3に取り付けた画像
お勧め度★★★☆☆(3)

3DTouchは、ホールセンサーとソレノイドが組み合わさったタッチセンサーで、所謂BLTouchのクローン品です。
製品として売られているので比較的お手軽に導入できます。
精度は、残念ながら今回チェックしたセンサーの中では一番悪い結果でした。
本家BLTouchはStandard Deviationが0.001出ると言われているので、今回の結果の悪さはクローン品だからなのだろうと思われます。

 

と言う訳で、2台目Ender-3のABL用センサーはBFPTouchを使おうと思います。
3DTouchはお蔵入り、1300円程出したのですがね・・・何か他に使い道が有れば良いのですが。

 

-3Dプリンタ
-

執筆者:

関連記事

ちょんまげマウント

バカ殿マウント?

今回もまた3Dプリンターでの製作です。 自転車用ヘルメットにカメラをマウントするパーツを作りました。 今回もまた、市販のマウントの一部を取り替えて使うかたちです。 実際に自転車のヘルメットにRicoh …

BS01 チューブと継手

BS01+ チューブの外し方

久しぶりに、BS01のノズル内を清掃でもしてみようかと思い立ったのですが、久しぶりすぎてチューブを継手から外す方法が分からない・・・ので、メモ。   チューブと言うのは本体裏のフィーダーから …

大きくした3Dプリンターラック

Ender-3を置くラック

先週届いた2台目のEnder-3。 置き場所が無くてまだ組み立てていませんが、なんとか置く場所を作りました。   これは、Ender-3 1号機を置いているラックです。 ブログには書いてませ …

ホットエンド不具合対策

Ender-3 ホットエンドの不具合対策

少し前から、Ender-3のフィラメントを交換しようとすると、フィラメントがなかなか抜けない現象に悩んでいました。 原因はフィラメントを引き抜く時に、フィラメントの先端が少し太くなってしまい、PTFE …

Ender-3 メニューをカスタマイズ

Ender-3 カスタムコマンドを登録

Ender-3のファームウェアであるMarlinには良く使うスクリプト(G-Code)を、カスタムコマンドとしてLCDメニューに登録しておく機能があります。 カスタムコマンドを登録しておけば、後からL …