3Dプリンタ

BFPTouchをEnder-3で使う為のファームウェア書き換え

投稿日:

Ender-3 LCDコントローラー

今回は、BFPTouch(自作のタッチセンサー)をEnder-3でオートベッドレベリングに利用する為のファームウェアについてです。
電磁誘導式センサーを使ったオートベッドレベリングとは編集内容が少し異なります。

 

サーボモーターのホーンについて

BFPTouch Horn

尚、ファームウェアを書き換える前に、自作タッチセンサーのサーボホーンは外しておきます。
ファームを書き換える前の段階では、サーボの回転位置が定まっていないので、付けたままにしておくとファームを書き換えた瞬間サーボがあらぬ方向へ回転してしまいます。
最悪の場合サーボに無理な力が加わり壊れてしまいます。

ファームを書き換えた後、Ender-3が立ち上がるとサーボはセンサー収納状態の位置に回転しますので、その時センサーが収納されるようにホーンを取り付けると良いと思います。

 

書き換え手順

ファームウェアの書き換え手順については、以前書いた通りなので、そちらを参照して欲しい。
今回このページで紹介するのは設定ファイル(Configuration.h等)の変更箇所だけです。

 

Ender-3 firmware

 

設定ファイルの変更箇所

今回は、

  • Configuration.h
  • Configuration_adv.h
  • pins_SANGUINOLOLU_11.h

の3つのファイルを編集して書き換えます。

Marlin1.1.9に付属しているender-3用のconfigurationsファイルをベースにしています。
その辺りも先のファームウェア書き換え手順のページを見て頂ければと思います。

 

Configuration.hの変更箇所

SHOW_BOOTSCREEN

78行 // #define SHOW_BOOTSCREEN
先頭に//を入れてコメントアウトします。

これはブートスクリーンの表示を行わないと言う設定です。
ブートスクリーンを表示しなくなるぶん起動が速くなるのと、プログラムの容量が小さくなります。

私の場合、電源を入れた後は早く操作できる状態になって欲しいので、ブートスクリーンは非表示にしています。

 

Z_PROBE_SERVO_NR & Z_SERVO_ANGLES

721行 #define Z_PROBE_SERVO_NR 0 // Defaults to SERVO 0 connector.
722行 #define Z_SERVO_ANGLES {70,0} // Z Servo Deploy and Stow angles

721行、722行の先頭の//を外してアンコメントします。

721行は、サーボ利用のセンサーを使う宣言(サーボのインデックスナンバーは0)
722行は、サーボのアングル位置の設定で、{Down時のデューティ比, Up時のデューティ比}で指定します。デューティ比の指定は0~255の数値。

私の場合、デューティ比の設定はデフォルト設定{70,0}をそのまま使いました。

 

PROBE_OFFSET_FROM_EXTRUDER

776行 #define X_PROBE_OFFSET_FROM_EXTRUDER -41 // X offset: -left +right [of the nozzle]
777行 #define Y_PROBE_OFFSET_FROM_EXTRUDER -15 // Y offset: -front +behind [the nozzle]

776行、777行の数値を変更して、ノズルとセンサーの位置関係を設定します。
使うマウントによってセンサーの位置が変わると思います。
分からない方はノズルの先端とセンサーの先端の距離を測って指定しましょう。

私のEnder-3の場合、ノズルから左に41mm前に15mm離れた所にセンサーの先端があります。

私が使ったマウントは、Thingiverseに公開しています。
https://www.thingiverse.com/thing:3808691

 

define Z_MIN_PROBE_REPEATABILITY_TEST

823行 #define Z_MIN_PROBE_REPEATABILITY_TEST
先頭の//を外してアンコメントします。

これはセンサーの精度をテストするコマンドが有効になります。
精度テストが必要無い人はここの編集は必要無いです。

 

MIN_SOFTWARE_ENDSTOP_Z

904行 // #define MIN_SOFTWARE_ENDSTOP_Z
先頭に//を入れてコメントアウトします。

これはZ軸がマイナス方向に移動できるようになります。

 

AUTO_BED_LEVELING_BILINEAR

975行 #define AUTO_BED_LEVELING_BILINEAR
先頭の//を外してアンコメントします。

これはオートベッドレベリングの種類をBILINEARに指定しています。

 

FRONT_PROBE_BED_POSITION

1026行 #define FRONT_PROBE_BED_POSITION MIN_PROBE_EDGE+15
先頭の//を外してアンコメントして、+15を書き込んでいます。

これはオートベッドレベリングの際のフロント側の位置を少し(15mm)内側に移動させています。
これはビルドシートを留めているクリップにセンサーが当たるのを防ぐ為に設定しています。

 

Z_SAFE_HOMING

1142行 #define Z_SAFE_HOMING
先頭の//を外してアンコメントします。

これはホーミングを安全に実行する為の設定です。
オートホーミングがベッド中央で行なわれるようになります。

 

SLIM_LCD_MENUS

1452行 #define SLIM_LCD_MENUS
先頭の//を外してアンコメントします。

これはLCDコントローラーで表示されるメニューの項目のいくつかを省略します。
メニューの項目が減るぶんプログラムの容量が小さくなります。
Ender-3はメモリが小さいので、プログラムの容量を減らさないと書き込めません。

 

SERVO

1914行 #define NUM_SERVOS 1 // Servo index starts with 0 for M280 command
1915行 #define SERVO0_PIN 27
1922行 #define DEACTIVATE_SERVOS_AFTER_MOVE

1914行は先頭の//を外してアンコメントし、NUM_SERVOSを1に変更
1915行は#define SERVO0_PIN 27を書き込みます。
そして、1922行は先頭の//を外してアンコメントします。

ここではサーボの設定をしています。

 

Configuration.hの編集は以上です。

 

Configuration_adv.hの変更箇所

ここからはConfiguration_adv.hの編集です。

BABYSTEP_ZPROBE_OFFSET

752行 #define BABYSTEP_ZPROBE_OFFSET // Enable to combine M851 and Babystepping
先頭の//を外してアンコメントします。

ベビーステップは印刷中にノズルの高さの微調整が出来る機能で、その設定とプローブのオフセットを一緒の物として扱う設定。

 

ARC_SUPPORT

798行 // #define ARC_SUPPORT // Disable this feature to save ~3226 bytes
先頭に//を入れてコメントアウトします。

これで円弧のサポートを外します。
多くのスライサーでは円弧が使われていないので問題無いと思われます。
円弧のサポートを外すことでプログラムの容量を減らします。

 

Configuration_adv.hの編集は以上です。

 

pins_SANGUINOLOLU_11.hの変更箇所

ここからはpins_SANGUINOLOLU_11.hの編集です。

 

BEEPER_PIN

169行 // #define BEEPER_PIN 27
先頭に//を入れてコメントアウトします。

もともとビープ音を鳴らす圧電スピーカーに繋がっているピンですが、今回センサーのサーボをこのピンで使っているので、ここでコメントアウトして無効化しておきます。

 

pins_SANGUINOLOLU_11.hの編集は以上です。

 

と言う訳で、3つのファイルの編集が全て終わりで、あとはEnder-3に書き込めばファームウェアの書き換えは完了です。

あと、センサーの取り付けや高さ調整とか必要ですが、その辺りはまたこんど書きたいと思います。

 

-3Dプリンタ
-,

執筆者:

関連記事

付属のタグ

Capricorn PTFE tube

CapricornのPTFEチューブを買ってみました。 購入したのは、CapricornのXSシリーズのPTFEチューブ。 このチューブはUltra Low Frictionと言うことで、摩擦が少なく …

Garminハンドルバーマウント

ガーミン、ゴープロ、カメラのハンドルバーマウント作成

今度はCATEYEのハンドルバーマウントのパーツを作ってみました。 作りたかったのはGarmin eTrex用のハンドルバーマウントだったのですが、これまたついでにゴープロとカメラの三脚ネジ用のアダプ …

大きくした3Dプリンターラック

Ender-3を置くラック

先週届いた2台目のEnder-3。 置き場所が無くてまだ組み立てていませんが、なんとか置く場所を作りました。   これは、Ender-3 1号機を置いているラックです。 ブログには書いてませ …

etrexデスクトップスタンドとクイックマウント

Garmin etrexデスクトップスタンドとクイックマウント

愛用しているGarmin eTrexのデスクトップ用のスタンドと、ベルクロ(マジックテープ・面ファスナー)で留めるマウントを3Dプリンターを使って作りました。   デスクトップ・スタンド そ …

Ender-3 メニューをカスタマイズ

Ender-3 カスタムコマンドを登録

Ender-3のファームウェアであるMarlinには良く使うスクリプト(G-Code)を、カスタムコマンドとしてLCDメニューに登録しておく機能があります。 カスタムコマンドを登録しておけば、後からL …