3Dプリンタ

BS01+にMarlin1.1.9

投稿日:

BS01+

今更ながら、BS01+のファームウェアをMarlin1.1.9にしてみました。
BS01を動かすのは、Ender-3を買ってから動かした記憶が無いので、かれこれ1年以上ぶりとなります。

 

BS01+ 古い起動画面

BS01+にはもともとMarlin 1.0.0 RC2を使っていました。
BS01にはもともと液晶コントローラーは付いていなくて、Amazonで買ったコントローラーに対応させる為にファームウェアを書き換えたのが最後で、もともと入っていたファームウェアは何だったかは不明です。

起動画面にはMarlinロゴは無くてRepRapのロゴが大きく表示されていますね。
しかし、この画面ともおさらばです。

 

設定ファイルの変更

今回は、BS01+用のベースとなる設定ファイルが無いので、落としてきたMarlin1.1.9のデフォルトの設定ファイルを編集して書き換えます。

http://marlinfw.org/meta/download/

書き換える設定ファイルは、

Configuration.h
Configuration_adv.h

の2つ。

あと、カスタムステータススクリーンのデータファイル

_Statusscreen.h

は、Marlinのフォルダーにコピー。

これら3つのファイルの編集後のファイルを公開しておきます。
中のファイル3つをMarlin1.1.9に上書きすればそのまま使えると思います。

MarlinConfiguration_for_BS01p.zip

尚、私のBS01+は、ABSのシングルノズルタイプReprap DiscountのFull Graphic Smart Controllerを取り付けた物で、当然ですがこれ用の設定となっています。

また、編集箇所は以下の通り。
ここでは、変更箇所の行番号と変更後の内容を書いておきました。
個々のスクリーンショットも撮ろうかと思いましたが面倒なので・・・

Configuration.hの変更箇所

104行 #define CUSTOM_STATUS_SCREEN_IMAGE

126行 #define BAUDRATE 115200

134行 #define MOTHERBOARD BOARD_RAMPS_13_EEB

139行 #define CUSTOM_MACHINE_NAME “BS01+”

152行 #define DEFAULT_NOMINAL_FILAMENT_DIA 1.75

313行 #define TEMP_SENSOR_0 5
318行 #define TEMP_SENSOR_BED 5

382行 // BS01
383行 #define DEFAULT_Kp 12.7
384行 #define DEFAULT_Ki 0.62
385行 #define DEFAULT_Kd 64.49

512行 //#define USE_ZMIN_PLUG
515行 #define USE_ZMAX_PLUG

531行 #define X_MIN_ENDSTOP_INVERTING true

537行 #define Z_MIN_PROBE_ENDSTOP_INVERTING true

611行 #define DEFAULT_AXIS_STEPS_PER_UNIT { 71.1111, 71.1111, 3200, 173.6236 }

618行 #define DEFAULT_MAX_FEEDRATE { 300, 300, 3.5, 70 }

648行 #define DEFAULT_XJERK 20.0
649行 #define DEFAULT_YJERK 20.0
650行 #define DEFAULT_ZJERK 0.4

851行 #define INVERT_X_DIR true
852行 #define INVERT_Y_DIR true
853行 #define INVERT_Z_DIR true

877行 #define Z_HOME_DIR 1

882行 #define X_BED_SIZE 150
883行 #define Y_BED_SIZE 130

891行 #define Z_MAX_POS 102

1152行 #define HOMING_FEEDRATE_XY (17*60)
1153行 #define HOMING_FEEDRATE_Z (6*70)

1226行 #define EEPROM_SETTINGS

1429行 #define SDSUPPORT

1509行 #define SPEAKER

1518行 #define LCD_FEEDBACK_FREQUENCY_DURATION_MS 50
1519行 #define LCD_FEEDBACK_FREQUENCY_HZ 330

1659行 #define REPRAP_DISCOUNT_FULL_GRAPHIC_SMART_CONTROLLER

 

Configuration_adv.hの変更箇所

389行 #define QUICK_HOME

527行 #define LCD_INFO_MENU

530行 #define STATUS_MESSAGE_SCROLLING

644行 #define SCROLL_LONG_FILENAMES

747行 #define BABYSTEPPING

753行 #define DOUBLECLICK_FOR_Z_BABYSTEPPING

 

さいごに

BS01+ 新しい起動画面

と言う訳で、無事にBS01+がMarlin 1.1.9になりました。
起動画面もこの通り。

ずっと使ってなかったBS01ですが、せっかく有るのにもったい無いので、取りあえず使えるようにしてみました。

 

-3Dプリンタ
-

執筆者:

関連記事

THETA紐式リモートレリーズ

THETA 紐式リモートレリーズ

RICOH THETA用の紐式のリモートレリーズを3Dプリンターで作ってみました。 紐を引っ張ってシャッターボタンを押す仕組みの装置です。 THETAはスマホと接続してリモート撮影ができるのですが、W …

Ender-3 Fan filter

PETGフィラメントとファンフィルター

最近、PETGフィラメントを使い始めました。 PETGは、ABSと比べて反りが少なくプリントが簡単で、PLAと比べると温度が高めなのと加工性が良くて切ったり削ったりできるので、とても便利です。 特に今 …

垂れたフィラメントどうしてる?

フィラメントの初期垂れを拭うスクリプト

Ender-3に限った話ではありませんが、プリントを始める時のノズルの加熱中にフィラメントが垂れて来ます。 これは柔らかくなったフィラメントが自然に落ちてきているので、どうにもしようがない。 プリント …

Ender-3 SD adapter holder

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル)を入れて3Dプリントします。 しかし、Ender-3のSDカードスロットは抜き差しがしづらいのと、標準サイズSDが使いたいのとで、変 …

X軸 V-slot Pulley

Ender-3 Vスロットのプーリーの摩耗が激しいので調整

ふと見るとX軸のVスロットのプーリー(ローラー、タイヤ)に筋が入っていました。 え?と思って、Y軸のプーリーを確認すると・・・ X軸より酷い状態でした。 プーリーが削れて埃のようなものが筋状に付着して …