3Dプリンタ

Ender-3 29番ピン

投稿日:

2台目Ender-3のオートベッドレベリングのセンサーに、BFPTouchを使うことにしました。

Ender-3では、プローブの上げ下げを伴うレベリングセンサーを使うと、音(ビープ音)が鳴らなくなります。
これは、本来なら圧電スピーカーを接続している端子をプローブの上げ下げのコントロールに使うので、音が鳴らなくなります。

それでも良いと言えば良いのですが、それでは今まで音で通知していた設定温度到達やプリント終了と言った通知音が鳴らなくてちょっと困ります。(ちょっとだけ)

でも、実は、Ender-3には他に使われていない端子が有るので、その端子を使えばスピーカーを繋いだままレベリングセンサーを使う事ができます。
今回はそのつなぎ替え作業を行いました。

 

Ender-3の使われていない端子は29番ピンです。

Ender-3 Pin29

29番ピンは、上の写真の赤丸の場所にあります。
電解コンデンサーの隣にあるスルーホールです。
EXT-A2と印刷されているコネクターのS部分です。

 

Ender-3 メインボード

Ender-3に取り付けられているメインボードは、周りがケーブルだらけ。
この状態で半田付けは難しそうなので取り外して作業を行いました。

今回の作業の中で、ケーブルの取り付け取り外しの工程が一番大変でした。
半田付けは一瞬なのに・・・

 

Ender-3 Pin29 半田付け後

このように直接短いケーブルを半田付けしました。
ケーブルの先端にはコネクタを圧着しています。
これがプローブの上げ下げのコントロールの端子となります。

もともと27番ピンに接続していたケーブルを付け替えて配線は終了。
さらにファームウェアで、サーボの指定を27から29番ピンを使うように書き換えれば出来上がり。

以上、この29番ピンを使う事で、無事オートベッドレベリングとスピーカーを共存させることができました。

 

-3Dプリンタ
-

執筆者:

関連記事

THETA紐式リモートレリーズ

THETA 紐式リモートレリーズ

RICOH THETA用の紐式のリモートレリーズを3Dプリンターで作ってみました。 紐を引っ張ってシャッターボタンを押す仕組みの装置です。 THETAはスマホと接続してリモート撮影ができるのですが、W …

Ender-3 メニューをカスタマイズ

Ender-3 カスタムコマンドを登録

Ender-3のファームウェアであるMarlinには良く使うスクリプト(G-Code)を、カスタムコマンドとしてLCDメニューに登録しておく機能があります。 カスタムコマンドを登録しておけば、後からL …

Ender-3 ケース ファン

Ender-3 ケースファンの回転問題とABSプリント対策

Ender-3のコントローラー基板が格納されているケースには、熱を逃す為のファンが付いています。上の写真がそうです。 これは電源投入直後、一瞬だけ回ってその後すぐに止まります。 でも、プリント中に見て …

便利アイテム

3Dプリントする時の便利なアイテム

Ender-3は、本体と一緒に最小限の工具が付属していますが、それに加えて有った方が便利なアイテムを書いてみました。 他にももう少しありますが、とりあえず以下の3つが特にお勧めで、使い始めるとこれらが …

Ender-3 X-axis OptoEndstop

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドストップから光学式(オプティカル)エンドストップに取り替える為に、販売されているOptoEndstop用のマウントを作りました。 &nbs …