3Dプリンタ

Ender-3 29番ピン

投稿日:

2台目Ender-3のオートベッドレベリングのセンサーに、BFPTouchを使うことにしました。

Ender-3では、プローブの上げ下げを伴うレベリングセンサーを使うと、音(ビープ音)が鳴らなくなります。
これは、本来なら圧電スピーカーを接続している端子をプローブの上げ下げのコントロールに使うので、音が鳴らなくなります。

それでも良いと言えば良いのですが、それでは今まで音で通知していた設定温度到達やプリント終了と言った通知音が鳴らなくてちょっと困ります。(ちょっとだけ)

でも、実は、Ender-3には他に使われていない端子が有るので、その端子を使えばスピーカーを繋いだままレベリングセンサーを使う事ができます。
今回はそのつなぎ替え作業を行いました。

 

Ender-3の使われていない端子は29番ピンです。

Ender-3 Pin29

29番ピンは、上の写真の赤丸の場所にあります。
電解コンデンサーの隣にあるスルーホールです。
EXT-A2と印刷されているコネクターのS部分です。

 

Ender-3 メインボード

Ender-3に取り付けられているメインボードは、周りがケーブルだらけ。
この状態で半田付けは難しそうなので取り外して作業を行いました。

今回の作業の中で、ケーブルの取り付け取り外しの工程が一番大変でした。
半田付けは一瞬なのに・・・

 

Ender-3 Pin29 半田付け後

このように直接短いケーブルを半田付けしました。
ケーブルの先端にはコネクタを圧着しています。
これがプローブの上げ下げのコントロールの端子となります。

もともと27番ピンに接続していたケーブルを付け替えて配線は終了。
さらにファームウェアで、サーボの指定を27から29番ピンを使うように書き換えれば出来上がり。

以上、この29番ピンを使う事で、無事オートベッドレベリングとスピーカーを共存させることができました。

 

-3Dプリンタ
-

執筆者:

関連記事

ホットエンド不具合対策

Ender-3 ホットエンドの不具合対策

少し前から、Ender-3のフィラメントを交換しようとすると、フィラメントがなかなか抜けない現象に悩んでいました。 原因はフィラメントを引き抜く時に、フィラメントの先端が少し太くなってしまい、PTFE …

オートベッドレベリング センサー3種

オートベッドレベリングのセンサーの精度

ここのところ2台目Ender-3用のオートベッドレベリングの取り付けをやっていました。 ここで気になるのは 「で、結局どのセンサーが良いのか?」 って所です。 なので今回は、3DTouch、自作タッチ …

BS01 チューブと継手

BS01+ チューブの外し方

久しぶりに、BS01のノズル内を清掃でもしてみようかと思い立ったのですが、久しぶりすぎてチューブを継手から外す方法が分からない・・・ので、メモ。   チューブと言うのは本体裏のフィーダーから …

Ender-3 ファンを交換

Ender-3 とにかくうるさいFANを交換

最近、Ender-3のファンから異音が鳴り響くようになってしまいました。 たぶん、ベアリング(?)が駄目なんだと思います。 電源を入れると、 ビビビビビーーーー っと鳴る。 これがとにかくうるさい。 …

Ender-3 Fan filter

PETGフィラメントとファンフィルター

最近、PETGフィラメントを使い始めました。 PETGは、ABSと比べて反りが少なくプリントが簡単で、PLAと比べると温度が高めなのと加工性が良くて切ったり削ったりできるので、とても便利です。 特に今 …