3Dプリンタ

Ender-3 29番ピン

投稿日:

2台目Ender-3のオートベッドレベリングのセンサーに、BFPTouchを使うことにしました。

Ender-3では、プローブの上げ下げを伴うレベリングセンサーを使うと、音(ビープ音)が鳴らなくなります。
これは、本来なら圧電スピーカーを接続している端子をプローブの上げ下げのコントロールに使うので、音が鳴らなくなります。

それでも良いと言えば良いのですが、それでは今まで音で通知していた設定温度到達やプリント終了と言った通知音が鳴らなくてちょっと困ります。(ちょっとだけ)

でも、実は、Ender-3には他に使われていない端子が有るので、その端子を使えばスピーカーを繋いだままレベリングセンサーを使う事ができます。
今回はそのつなぎ替え作業を行いました。

 

Ender-3の使われていない端子は29番ピンです。

Ender-3 Pin29

29番ピンは、上の写真の赤丸の場所にあります。
電解コンデンサーの隣にあるスルーホールです。
EXT-A2と印刷されているコネクターのS部分です。

 

Ender-3 メインボード

Ender-3に取り付けられているメインボードは、周りがケーブルだらけ。
この状態で半田付けは難しそうなので取り外して作業を行いました。

今回の作業の中で、ケーブルの取り付け取り外しの工程が一番大変でした。
半田付けは一瞬なのに・・・

 

Ender-3 Pin29 半田付け後

このように直接短いケーブルを半田付けしました。
ケーブルの先端にはコネクタを圧着しています。
これがプローブの上げ下げのコントロールの端子となります。

もともと27番ピンに接続していたケーブルを付け替えて配線は終了。
さらにファームウェアで、サーボの指定を27から29番ピンを使うように書き換えれば出来上がり。

以上、この29番ピンを使う事で、無事オートベッドレベリングとスピーカーを共存させることができました。

 

-3Dプリンタ
-

執筆者:

関連記事

プーリー作ってみた

3DプリンターでDCモーターのプーリーを作ってみた

3DプリンターでDCモーター用のプーリーが作れれば工作の幅が広がるなと思って、試しに作ってみました。 試しに作っただけなので、モーターでプーリーを回すだけの物となっています。 用意したモーターは比較的 …

Ender-3 LCDコントローラー

BFPTouchをEnder-3で使う為のファームウェア書き換え

今回は、BFPTouch(自作のタッチセンサー)をEnder-3でオートベッドレベリングに利用する為のファームウェアについてです。 電磁誘導式センサーを使ったオートベッドレベリングとは編集内容が少し異 …

BS01 スタビライザー

BS01+ ヘッドのぐらつき防止

BS01+のABL(オートベッドレベリング)の結果が、センサーの精度と比べると少々悪い。 この原因はBS01特有のヘッドのぐらつきのせいじゃないかと考え、ヘッドのぐらつきを押さえるスタビライザーを作っ …

GoProヘルメットマウント

GoPro ヘルメットマウント2

前回作った自転車用ヘルメットにカメラを取り付けるマウントのGoPro版を作ってみました。 3Dプリンターの特徴として、一度データを作ってしまえば、そのデータは如何様にも流用可能と言う点がありまして、よ …

Garminハンドルバーマウント

ガーミン、ゴープロ、カメラのハンドルバーマウント作成

今度はCATEYEのハンドルバーマウントのパーツを作ってみました。 作りたかったのはGarmin eTrex用のハンドルバーマウントだったのですが、これまたついでにゴープロとカメラの三脚ネジ用のアダプ …