CNC制作

FABOOL Laser Miniをカッティングプロッター化 その2

投稿日:2022年2月13日 更新日:

FABOOL Laser Miniに取り付けたプロッターヘッド

前回は、FABOOL Laser Miniのヘッドの改造を書きました。
FABOOL Laser Miniをカッティングプロッター化

今回は、その続きで、カッティングシートをカットする手順を書きたいと思います。

GCODEの準備

デザイン

いつもレーザー加工時の作図は、Inkscapeを使っていたので、今回もInkscapeを使いました。
ちなみに、バージョンはちょっと古い0.91を使っています。

取り敢えず、文字ツールで文字を書いて、それをを切り抜いてステッカーを作ろうと思います。

OC CRAFT

切り抜く文字は、OC CRAFTとしました。

 

GCODEを作成

作ったデザインをGCodeにするのですが、GCode化にもInkscapeを使います。
Inkscapeには、パスをGCodeに変換してくれるGcodetoolsと言うエクステンションがあり、それを使います。
たぶん、Inkscapeのデフォルトで入っているエクステンションだったと思います。

1.保存

作成したデザインを保存しておきます。
Gcodetoolsを使い始めると、デザインのパスが変更されたり、色々追加されたりするので、先ず保存しておきます。

 

2.オブジェクトをパスに変換

先ほど作った文字はオブジェクトなので、パスに変換しておきます。

オブジェクトをパスへ
文字を選択してから、メニューから[パス]→[オブジェクトをパスへ]を選んで実行します。

 

3.Orientation Points

Gcodetools orientation points
メニューから[エクステンション]→[Gcodetools]→[Orientation Points…]を実行します。

Gcodetools orientation points
Orientation typeの2-points modeが選択されているのを確認して、[適用]ボタンをクリック。

Gcodetools orientation points

分かりにくいですが、ドキュメントの原点と右に100mmの地点に矢印が追加されてばokです。

 

4.Tools library

Gcodetools tools library
メニューから[エクステンション]→[Gcodetools]→[Tools library…]を実行します。

Gcodetools tools library
Tools typeの中からgraffitiを選んで[適用]をクリックします。

Gcodetools tools library
適用すると、このような緑のボックスが現れます。

文字ツール
文字ツールを使って、設定を変更します。

Gcodetools tools library
penetration feedを100から200へ変更
gcode before pathをM03 S1からM03 S1000へ変更
この2つの文字を変更します。

※feedがカット時のスピードですが、400だとだいぶと遅いです。
ただ、まだどれくらい早くできるか分からないので、今回はデフォルト値そのまま。
スピードの設定は今後の課題とします。

※penetration feedは本来はZ軸の上下のスピードなのですが、Z軸の無いFLMでは上げ下げしている間分の時間はその場で待機しています。
それを、カッター上下後のウェイト時間として利用しています。

 

5.Path to gcode

Gcodetools path to Gcode
メニューから[エクステンション]→[Gcodetools]→[Path to Gcode…]を実行します。

Gcodetools path to Gcode
現れたウィンドウの、[Preferences]タブに切り替えて、ファイル名と保存するディレクトリを選びます。

Gcodetools path to Gcode
[Path to Gcode]のタブに戻って、[適用]ボタンをクリック。

Gcodetools path to Gcode
暫くすると、上のようなメッセージボックスが現れ、Gcodeのファイルが指定の場所に出来上がっています。

Gcodeのファイルは出来上がったのですが、ここで元となるデータをファイルに保存してしまうと、元に戻す方法が分かりませんので、Inkscapeは保存せずに閉じます。

ややこしそうな手順ですが、慣れると割と簡単です。

 

加工

カッティングシートをセット

ダイソー リメイクシート(カーボン調)

今回は、練習用と言うことでダイソーのリメイクシートを使いました。
単色の物を探したのですが、全て何かの柄が入っていました。
その中で、まだましなカーボン調の物を選びました。

 

ダイソー リメイクシート(カーボン調)

100円で安くて良いのですが、折りたたまれてパッケージされているので、折り癖が付いています。
FLMカッティングプロッターでシートを切るには、ベッドに真っ平らに貼り付ける必要がある。

ダイソー リメイクシート(カーボン調)

なので、折り癖の所を避けて、平らな部分を切って使いました。
(簡単に伸ばす方法とかありますか?)

 

ダイソー リメイクシート(カーボン調)

そして、マスキングテープで四方を貼り付けて、FLMカッティングプロッターにセットしました。

 

CNCjsで操作

CNCjs

FLMカッティングプロッターを操作するのに、CNCjsと言うソフトを使いました。

https://cnc.js.org/

 

接続からのホーミング

CNCjsの右上ボタン

接続したら取り敢えずホーミング実行しておきます。
(しなくてもいいけど)

 

GCODEファイルを読み込み

CNCjs G-codeのアップロード

作成したGcodeファイルを、G-codeのアップロードから読み込ませます。
または、CNCjsへファイルをドラッグドロップしても読み込ませることができます。

G-codeファイルを読み込んだCNCjs

 

ヘッドを原点へ移動

CNCjs 軸制御

[軸制御]ウィジェットを使って、ヘッドをカッティングシートの左下になるように移動させます。

CNCjs 軸制御

移動が済めば、ワーク位置のX軸とY軸の[オフセット0ボタン]をクリックして、座標を0にします。

加工範囲をチェック

これは必須ではありませんが、マクロを使って加工範囲をチェックします。
マクロの内容は以下の通り

CNCjs 加工範囲のマクロ

G90
G0 X[xmin] Y[ymin]
X[xmax]
Y[ymax]
X[xmin]
Y[ymin]

このマクロを使うと、加工範囲の四隅をヘッドがなぞってくれますので、デザインがカッティングシート内に収まっているかチェックします。
収まっていなければ、原点位置を調整したり、デザインを修正したりします。

 

実行

これで準備ができました。
あとは実行するだけです。

CNCjs 開始ボタン
上の▶ボタンをクリックします。

 

加工中

加工中・・・

 

加工後の確認

加工後のシート 加工後のシート

はい、そしてこれは加工後のカッティングシート。
よーく見ると切れてる線が見えます。

 

カス取り

カス取り中

それでは、余分な余白を取り除いて行きます。
切り始めと切り終わりが重なる部分で、若干切り切れていない所がありました。

 

出来上がったステッカー

そして出来上がったのがこちら。
なかなか上手く切れてる・・・ように見えますが、
実際の物を比べてみると、線が丸くなっている所があります。

 

出来上がったステッカー

出来上がったステッカー

このサイズの物であれば、遠目で見れば問題ないですが、小さい文字を切ろうとすると厳しいかも。

 

と言う訳で、FLMのカッティングプロッター化はひとまず以上です。

-CNC制作
-,

執筆者:

関連記事

GRBLシールドとモーター

GRBLでステッピングモーターを回す

先日買ったステッピングモーター(STH-35D204)を、実際にGRBLを使ってコントロール出来るか試してみました。   もくじ  配線PCからコントロール実際の利用に合わせて・・・マイクロ …

FABOOL Laser Miniに取り付けたプロッターヘッド

FABOOL Laser Miniをカッティングプロッター化

タイトルの通り、FABOOL Laser Miniをカッティングプロッター化しました。 FLMのコントロール基板をGRBLにした理由の一つはこれで 「カッティングプロッターが欲しい」と言うことでしで、 …

Arduino UNO

GRBLを試してみる

今回は、前から持っているArduino UNOに、GRBLシールドを付けない状態(何も付いてないArduino単体の状態)で、GRBLのプログラムを書き込んで、その動作をテストしてみました。 &nbs …

FLMの1.6Wレーザーモジュール

FABOOL Laser MiniのGRBL化 その2

前回X軸Y軸を動かすことに成功したので、今回はレーザーモジュールを接続したいと思い、試行錯誤した結果、とりあえず、レーザー加工まで出来ました。 もくじ 配線FABOOL Laser Miniのレーザー …

STH-35D204

ステッピングモーター STH-35D204

日本橋でCNCに使えそうな安いステッピングモーターがあったので買ってきた。 STH-35D204と言うユニポーラのステッピングモーターで、お値段は破格の250円 正直なところ見た目だけで買いました。 …